資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

#02 ニュートラル姿勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピラティスポーズのやり方解説

ニュートラル姿勢

[やり方]
① マットの上に仰向けになります。
両ひざを曲げ、脚の幅は坐骨幅に広げ、つま先は正面に向けます。
両腕は身体の脇に置いて、肩甲骨は臀部の方へ引き下げます。
あごは軽く引き、首の後ろを伸ばしましょう。
② 両手で三角形を作り、骨盤の前の2つの出っ張った骨と恥骨のところに三角形を作るように置きます。
両手で作った三角形が床と並行になるように、お腹を緊張させてみましょう。
この時、背中には手の平一枚入る位の隙間ができます。この状態をピラティスではニュートラル姿勢と言います。

[ポイント]
顎をひいて肩甲帯の力は抜いて行います。
下腹部を床と平行にしてみましょう。

[効果・目的]
ピラティスの基本姿勢を学ぶ
正しい骨盤の位置を学ぶ
ニュートラル姿勢で全てのエクササイズを行えるようにするための練習

[平均回数]
姿勢はキープしたまま10呼吸