資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

#11 プラサリータパードッターナーサナ(立って両足を伸ばすポーズ)のアジャストメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プラサリータパードッターナーサナ(立って両足を伸ばすポーズ)のアジャストメント

[やり方]
①初心者向け
背中が丸くなり、手がおりづらい場合はまず足幅を広げましょう
またはブロックで手をつけるようにし、安定をはかりましょう。
骨盤を前傾させたいので ポーズに入るときにその意識をもってもらいましょう。
膝がぴんと伸び、背中が丸いタイプの方には少し膝をゆるめてもらい
背中の中心にふれ 胸を開く意識をもってもらいましょう。
そこから膝を少し伸ばすよう伝えます。
膝がまがり、骨盤が後傾するようなタイプの方には少し手の位置を前にして
骨盤にふれて前傾の意識をもってもらいましょう

②中級者向け
背中側にまわり、転倒防止をします。
足を腰幅にひらき膝をうちによせ肩甲骨あたりにあてます。
臀部を手でおさえ、奥に押し込むように体重をのせ、足で背中を押していきましょう。
この時に相手のバランスを崩さないようにしましょう。
もしくは足を左右にしっかりと開いて立ち、上からの圧だけをかけていきましょう。
ゆっくりと入り押す力の向きは尾骨をしまう方向です。
または横に回り、片手をこのあたりに(仙骨)、もう片手は胸の裏側 2か所に触れポーズを深めるよう軽く力を加えましょう。

ヨガポーズ動画(基本のポーズのアジャストテクニックを公開)の動画一覧