資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

#06 トリコナーサナ(三角のポーズ)ののアジャストメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トリコナーサナ(三角のポーズ)のアジャストメント

[やり方]
①初心者向け
足首まで手をおろすことを優先し身体が前傾する場合があります。
人によってはこのまま後方に立ち、腰を押し出し、肩を後方に引くとアライメントが整う場合もあります。
柔軟性はあるが正しい方向への意識がなかった場合には有効です。

②柔軟性の問題の場合
真横に上体を倒すようにと導きましょう。
それから全体のラインをみて必要なところにアプローチしましょう。
背中が丸い場合は背骨に軽く触れ 胸をひらくよう伝えます。
手をはさみもち、軽く引き上げるようにします。

③中級者向け
前の足の親指をしっかり踏むよう伝え、後方に立ち後ろ足の側面に足を添えます。
前足の腿の付け根を外にまわし押さえます。
腰の下このあたりに圧をかけて押し出します。こちら方向への回転の力です。
押す力と同じだけのものを上を起こす力として伝えます。肩の位置をみましょう。
ラインがそろっていない場合は少し上の肩を手前に引きます。呼吸にあわせましょう。
吸う息で背筋を伸ばすように伝え、吐く息で腰、肩への方向づけというようにしましょう。

ヨガポーズ動画(基本のポーズのアジャストテクニックを公開)の動画一覧