資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

#07 パリブリッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)のアジャストメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パリブリッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)のアジャストメント

[やり方]
①身体のかたい方に向け
ブロックをつかい、肩だけでねじらないように手は腰にあてたまままず練習をしていきましょう。
左右の腰の高さが揃い、背骨から回旋し、手がしっかり上下に伸びています。

②腰がずれて回旋していく場合
後方から腰骨を挟み、左右の腰の高さをそろえましょうと、触れて動かします。
腰で回転できなくなることで 回線が弱まり上の腕だけでから開こうとしがちです。
背中の中心に軽く指でタッチし、両肩に触れながら回線を手伝います。背骨からまわしましょうと声をかけます。

③中級者向け
アライメントがある程度整っている場合、後方から足の外側に足をふれるように立ちます。
前足の腰を抑えましたに圧をかけます。下の肩甲骨あたりを軽くおしていきます。
呼吸に合わせて吸う息は背中を伸ばすよう意識付け、吐きながらまわしましょう。
また下半身の安定のためにベルトで腰を後方に引き整え、それに対し自ら回旋をしてもらうのもよいでしょう。

 

ヨガポーズ動画(基本のポーズのアジャストテクニックを公開)の動画一覧