資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる
  • ダイエット・糖質制限

ダイエットのやり方がわからない人必見!効果的に痩せるおすすめの方法全部教えます!

腹筋の割れた女性

2019年08月29日更新

この記事のポイント

・ダイエットのやり方はMBIなどから自分に必要な方法を知ることが大切
・短期集中ダイエットは速攻で痩せやすいが、リバウンドに繋がりやすい
食事制限は継続が難しいため制限後は緩やかに元に戻し運動などを続ける
・ダイエットには筋トレと有酸素運動の両方が効果的
・健康的に美しく痩せるためにはパーソナルトレーニングはおすすめ

健康的に痩せる!まずはBMIについて知ろう

BMIとは、体脂肪率は考慮せず、身長に対する体重の割合で、ヤセか肥満かどうかを判断する基準のことです。

BMI = 体重(kg)÷身長(m)÷ 身長(m)

で計算することができます。

年齢、性別に関わらず、平均値は22とされ、それ以上か以下かでダイエットの必要の有無を判断します。

現在日本の女性はこのBMI値が平均よりも低いにも関わらず、二の腕や太腿の脂肪が気になることを理由に、ダイエットをする方が多くいます。

この場合に必要なのは、体重を減らすダイエットではなく「ボディメイク」です。
ボディメイクとは、ヤセること(ダイエット)ではなく、正しく栄養を摂り、身体の使い方を変え、必要な部分に筋肉をつけることです。
しなやかで引き締まった女性らしい身体を作るには、ただ体重を落とすだけではなく、バランスの良い食事や運動が必要なのです。

[BMIについての詳しい記事]
BMIとは?体脂肪を減らすにはダイエットより筋トレと正しい食事が効果的

短期集中ダイエットVS長期的ダイエット

BMIについて知識をつけ、ダイエットまたはボディメイクを行うなら、短期集中ダイエットと長期的なダイエットではどちらが効果的に理想の身体に近づけるのでしょうか。

とにかく早く痩せて効果を得たい!という方には、食事制限による短期ダイエットは、見た目や体重に効果が現れます
しかし食事制限は一生続けられるものではありません。
短期集中ダイエットには、速攻でわかりやすい効果が出ますが、リバウンドをしやすいというデメリットがあることを覚えておきましょう。

単に体重を落とすのではなく、筋肉をつけて脂肪を減らす、必要な部分を引き締める身体を作るには、長期的な運動とバランスの良い食事によるダイエットが理想的です。

[短期集中ダイエットやリバウンド防止についての記事]
短期ダイエットの食事法とは?おすすめの食事制限メニューと体型維持のコツ
ダイエットでリバウンドする原因と防止対策!繰り返さないコツとは

ダイエットにおすすめの食事のし方とは

ダイエットに成功するためには運動だけではなく、生活習慣として食事の改善が大きなポイントです。
食事のメニューや回数、食べるタイミングなどを意識しましょう。

食事の時間は夜できれば遅くなりすぎない時間が理想的ですが、いくら時間が遅くなっても食事の回数を減らして食べないことはおすすめできません。

食事回数が少ないと、欠食後の食事で一気に血糖値が上昇し、インスリンが多量に分泌されて今度は血糖値が急降下します。
インスリンは「肥満ホルモン」とも呼ばれ、中性脂肪の分解を抑制し、蓄える働きがあるため太る原因になるためです。

食事の回数については、回数を減らして1食分を高カロリーでたくさん食べるよりは、食事の回数を分割する方がおすすめです。
空腹時間を減らすことができ、血糖値の乱高下を防ぐことができるためです。

糖質制限などの食事制限は、一時的にまた速攻的に効果が現れます。
しかし一生炭水化物を食べずに生活することは不可能でしょう。
リバウンドしないためには、緩やかに元の食事に戻しながら運動を続ける努力が必要です。
長期間続けられるような健康的な食生活やライフスタイルに変えていくことがリバウンドをしないコツです。

[ダイエット中の食事に関する記事]
ダイエットに食事の時間や回数は関係する?夜食や間食を増やすと痩せる?
短期ダイエットの食事法とは?おすすめの食事制限メニューと体型維持のコツ

ダイエットに筋トレは必要?

筋トレにより、筋肉を増やして代謝を上げることはダイエットに効果的です。
また、よく筋トレと比較される有酸素運動も、脂肪燃焼に効果的であり、ダイエットには両方の運動方法を組み合わせることがおすすめです。
筋肉の適度につけつつ、ダイエットをしたいという方は、筋トレ後にプロテインドリンクを摂取して有酸素運動が理想的です。
無酸素運動(筋トレ)で糖質を一気に燃焼し、有酸素運動で脂肪燃焼をすることができると考えられているからです。

[筋トレと有酸素運動についての記事]
ダイエットに筋トレと有酸素運動はどっちが効果的?
腹筋を割る&お腹痩せの方法。腹筋運動は必要?その効果とは?

健康的に痩せるためにパーソナルトレーニングは有効

理想の身体に近づくために、あなたに必要なものが体重を落とすダイエットなのか、ボディメイクなのかを理解し、効果的な食事と運動を行うことができれば、1人でもダイエットには成功するでしょう。

しかし、ダイエットに必要な筋トレは、1人で行うよりもプロの知識があったほうが効果的です。
さらに正しいフォームで行わなければ怪我の恐れもあります。
また、1人でダイエットを継続するのは精神的にも挫折をしてしまいやすいものです。
精神面をもサポートしてくれるパーソナルトレーナーは、ダイエットにおいて価値があると言えるでしょう。

筋トレを正しいフォームで効果的に行い、食事のアドバイスなどプロの知識を得ながら「健康的&キレイ」に痩せるにはパーソナルトレーニングはおすすめです。

[パーソナルトレーニングについての記事]
ダイエットにパーソナルトレーニングは必要?1人のトレーニングと効果に違いが出る?

まとめ

ダイエットのやり方がわからないという方は、パーソナルトレーニング に通ってプロのトレーナーにアドバイスをしてもらうのがおすすめです。
食事のし方や、正しい筋トレや運動のやり方などを教えてもらえ、さらにモチベーションも継続します。
ただし、短期集中ダイエットは速攻で痩せやすいですが、リバウンドに繋がりやすいため、食事制限後は緩やかに元に戻し運動などを続けることが大切です。
効果的にダイエットをし、それを維持できるよう、あなたに必要な食事のし方や運動を行い理想的な身体を目指しましょう。

[ボディワーカーを目指すなら必ず学んでほしいおすすめ資格!]
IBMA認定パーソナルストレッチトレーナー資格スクール

[ボディメイク・姿勢改善のスペシャリスト「パーソナルトレーナー」を目指す方は]
IBMA認定パーソナルトレーナー資格取得スクール

[ダイエット・ボディメイクのスペシャリストを目指す!]
ダイエット×ボディメイクトレーナー養成講座(準資格取得講座)

この記事の著者
山川和樹

監修者

山川和樹

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
「カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
・株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[Twitter]@kazukazeymkw
[note]note.mu/kazukaze
[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Instagram]@kazukaze


山川和樹の書いた記事を見る

この記事の著者
山川和樹

監修者

山川和樹

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
「カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
・株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[Twitter]@kazukazeymkw
[note]note.mu/kazukaze
[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Instagram]@kazukaze


ページトップに戻る