資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる
  • ダイエット・糖質制限

ダイエットでリバウンドする原因と防止対策!繰り返さないコツとは

体重計を持つ女性

2019年08月29日更新

この記事のポイント

・ダイエットでリバウンドを繰り返す人は無理な食事制限やトレーニングの反動や精神的ストレスが原因のことが多い
・体格を記臆する「ホメオスタシス」機能により元の体型に戻ろうとする働きがあるため、緩やかなダイエットがおすすめ
・リバウンドしないダイエットの方法は、心身に無理なく長期間で身体を改善して行くこと

リバウンドする原因とは?

・短期の食事制限を元の食生活に戻す
・精神的ストレス
・人間の体格を記臆する「ホメオスタシス」という性質によるもの

せっかくダイエットに成功して体重が減ったのに、すぐに元に戻ってまたダイエットを繰り返すという方も多いのではないでしょうか。
リバウンドをする原因別に、体型を維持できる対策を行うことが、リバウンドを繰り返さないコツです。

食事制限のダイエットはリバウンドする?

ファスティングや短期集中で食事制限を行うダイエットのやり方は種類も多く、短期間の食事制限による体重の減少は、見た目や体重にすぐに効果が現れやすいため、多く行われています。
しかし、食事制限は一生続けることが難しいものです。
パーソナルトレーニングでの指導などで食事制限を行なっていた場合、トレーニングに通わなくなり通常の食事に戻すと、リバウンドしやすいと言えます。
無理な食事制限により身体が飢餓状態となると、基礎代謝は下がり、さらに吸収率がよくなり、リバウンドしやすい身体になるためです。
リバウンド対策のダイエットの方法として、長期的な運動とバランスの良い食事によるダイエットが理想的です。

[参考ブログ記事]
短期ダイエットの食事法とは?おすすめの食事制限メニューと体型維持のコツ

精神的ストレスとリバウンドの関係

無理な食事制限や運動で、ストレスを溜めてしまうダイエットのやり方は避けるのをおすすめします。
ストレスを溜めてしまうやり方は長続きしません。
もちろん、ダイエットにはある程度の食事における我慢や精神コントロールが必要です。
しかし、ダイエット期間を終了した途端にストレスによる反動から食べすぎてしまわないような方法が、成功したダイエットの維持に効果的と言えるでしょう。
そのためにも楽しく続けられる運動・エクササイズは、適度に身体を動かしリフレッシュ効果にもなります。
ダイエットは、ある程度時間をかけて身体を改善するという精神で行うことがおすすめです。

元の体型に戻ろうとする人体の働き

人の身体は、体格を記臆する「ホメオスタシス」と呼ばれる機能があります。

例えば、体重が60kgの方で身体が「デフォルトは60kg」だと記憶をしている場合、5kgダイエットをしてもしばらくは60kgに戻そうとするメカニズムが働きます。
逆に55kgの状態を数年キープできれば、少々食べ過ぎた期間が続いて一時的に60kgになっても、元の食生活に戻せば、55kgまでは簡単にダイエットできます。
55kgのデフォルト体重を目標とするなら、最低でも半年くらいはキープして、デフォルト体重を55kgに記憶させる必要があるのです。

ボクサーは試合までに10kgほど減量する選手も多いのですが、試合が終わって通常の生活に戻ると1週間くらいで元の体重に戻ります。
もちろんこれはほぼ水分ではありますが、しばらくすると脂肪がつき、元の体重のまま定着します。(むしろ10kgヤセたうちの1/3近くは水分ですが。)
身体は元の体重がデフォルトだと記憶しているため、一時的な減量では元に戻ろうとするメカニズムが大きく働き、水分が身体に滞留するのです。
試合後しばらく、ボクサーの顔はむくみでパンパンになっています。

逆に、アスリートが長い時間をかけて作った筋肉は、そんなに簡単に落ちません。(トレーニング業界ではマッスルメモリーとも呼ばれますね。)
そのため引退後、一般人の体格に戻りたいのに戻れないと嘆くアスリートも多いです。
女性アスリートを悩ませる、バレエダンサーのふくらはぎ、競泳選手の肩幅など、長い年月をかけてその身体を作った場合、身体を変えるには長い年月が必要と考えた方が良いかもしれません。

[参考ブログ記事]
サウナスーツやホットヨガは、ダイエットに効果的なのか?

リバウンド防止のコツ

・無理な食事制限を行わない
・精神的ストレスを溜めない自分に合ったダイエット方法を見つける
・継続して行うことで時間をかけて身体にデフォルト体型を記憶させ直す

[参考ブログ記事]
糖質制限ダイエットは危険?健康的な糖質制限のやり方と食べていいもの
太らないお酒(アルコール)の種類やカロリーとは?むくみ解消ダイエットのやり方!

時間をかけた負担の少ないダイエットで体型維持を目指そう

短期ダイエットにも長期ダイエットにも、それぞれメリットとデメリットがあります。
食事制限による短期ダイエットは見た目や体重に効果がすぐに出やすく、とにかく早く痩せたいとう方には効率的です。

しかし「リバウンドを防ぐ」ダイエットの方法としては、長期間で徐々に体重を減らしていくことがおすすめです。
現在身体が覚えてしまっているデフォルト体重を上書きしなければ、元の体重に戻ろうとする作用が働いてしまうためです。
理想的な身体に健康的に近づくために、適切な食事法やトレーニングで、リバウンドしない身体を目指しましょう。

[参考ブログ記事]
ダイエットのやり方がわからない人必見!効果的に痩せるおすすめの方法全部教えます!
BMIとは?体脂肪を減らすにはダイエットより筋トレと正しい食事が効果的

[ボディメイク・姿勢改善のスペシャリスト「パーソナルトレーナー」を目指す方は]
IBMA認定パーソナルトレーナー資格取得スクール

[ダイエット・ボディメイクのスペシャリストを目指す!]
ダイエット×ボディメイクトレーナー養成講座(準資格取得講座)

この記事の著者
山川和樹

監修者

山川和樹

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
「カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
・株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[Twitter]@kazukazeymkw
[note]note.mu/kazukaze
[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Instagram]@kazukaze


山川和樹の書いた記事を見る

この記事の著者
山川和樹

監修者

山川和樹

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
「カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
・株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[Twitter]@kazukazeymkw
[note]note.mu/kazukaze
[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Instagram]@kazukaze


ページトップに戻る