資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

大腿筋膜張筋

胸を持ち上げた状態

2019年12月04日更新

大腿筋膜張筋のストレッチとは

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)のストレッチとは、上前腸骨棘(ASIS)〜ガーディ結節までついている”骨盤まわり”の筋肉を、股関節の伸展・内転・外旋をして伸張させることです。

大腿筋膜張筋のストレッチのやり方

① 片ひざ立ちになり、前足のつま先はやや外側に開きます。
片膝立ち

 

② 後ろ足を後方でクロスさせるように斜め後ろに引きます。
右足を斜め後ろに引く

 

③ 上体を起こし、まっすぐ保ったまま重心を落とします。
胸を持ち上げた状態

ポイント

アゴをやや下に引いて背中を丸め、骨盤を後傾させましょう。

動画

 

立位の大腿筋膜張筋のストレッチのやり方

① 直立の状態から始めます。
立つ

 

② 片足を後ろに引いて、足の外側が床に着くようにします。
右足を後ろに引く

 

③ 後ろに引いた脚と同側の肘を上げて頭の後ろに添え、やや側屈を強めます。
立位の大腿筋膜張筋のストレッチ

 

壁を使った大腿筋膜張筋のストレッチのやり方

① 壁のそばに立ち、片手を壁に添えます。
反対側の足を後ろに引いて両足をクロスさせ、足の外側が床に着くようにします。
足を後ろに引いて壁のそばに立つ

 

② 腰を落としながら壁と反対側の腕を上げ、壁に手をつきましょう。
壁を使った大腿前膜張筋のストレッチ

 

[短期でストレッチ資格を取得する!]
IBMA認定ストレッチトレーナー資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る