資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

多裂筋・回旋筋①

多裂筋・回旋筋のストレッチ

2019年12月04日更新

多裂筋・回旋筋のストレッチ①とは

多裂筋・回旋筋(たれつきん・かいせんきん)のストレッチ①とは、仙骨・腰椎・胸椎・頚椎4番までの横突起〜1から4個上位の椎骨の棘突起までついている”背中”の深層筋を、脊柱の屈曲・回旋をして伸張させることです。

多裂筋・回旋筋のストレッチ①のやり方

① 仰向けになります。
仰向けの状態

 

② 腰をひねって足のつま先を反対側の床にタッチします。
腰をひねって片足を床につけた状態

 

③ 手で膝を床方向に押していきます。
肩は床から離れないように、目線は伸ばした腕に向けましょう。
多裂筋・回旋筋のストレッチ

 

④ さらに、お尻から持ち上げるようにすると、より深くストレッチされます。
多裂筋のストレッチ

 

ポイント

膝ではなくお尻から持ち上げるようにすると、より深くストレッチされます。

動画

 

[短期でストレッチ資格を取得する!]
IBMA認定ストレッチトレーナー資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る