資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

僧帽筋

僧帽筋のストレッチ

2019年12月04日更新

僧帽筋のストレッチとは

僧帽筋(そうぼうきん)のストレッチとは、後頭骨(上部)、頚椎7番から胸椎3番の棘突起(中部)、胸椎4番から12番の棘突起(下部)〜鎖骨の外側1/3(上部)、肩峰内側縁と肩甲棘上縁(中部)、肩甲棘内端(下部)までついている”首〜背中”の筋肉を、頚部側屈、肩甲骨の下制(上部)、肩甲骨の外転(中部)、脊柱屈曲と肩甲骨の挙上(下部)をして伸張させることです。

僧帽筋(上部)のストレッチのやり方

① 座位で片腕を身体の後ろに回し、もう片方の手を頭に添えます。
正座で頭に片手を当てる

 

② 首を斜め45°下方に倒します。
僧帽筋のストレッチ

ポイント

肩をしっかりと下制させましょう。

動画

 

僧帽筋中部のストレッチのやり方

① 肘は軽く開いた状態で両手を頭の後ろで組みます。
両腕を頭に当てた状態

 

② アゴを軽く引いて、肩甲骨を広げるイメージで肘を前方、やや内側に引いていきます。
背中や腰は丸めないようにします。
僧帽筋中部のストレッチ

 

僧帽筋下部のストレッチのやり方

① 両手を頭の後ろで組みます。
両腕を頭に当てた状態

 

② 骨盤は立てた状態で肘を閉じて下向きます。
背中の上部だけを丸めるイメージで、手で頭を床方向に押します。
僧帽筋下部のストレッチ

 

[短期でストレッチ資格を取得する!]
IBMA認定ストレッチトレーナー資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る