資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

三角筋

三角筋後部のストレッチ

2019年12月06日更新

三角筋のストレッチとは

三角筋(さんかくきん)のストレッチとは、鎖骨外側1/3(前部)、肩峰(中部)、肩甲棘(後部)〜上腕骨三角筋粗面までついている”肩”の筋肉を、肩関節の水平伸展・外旋(前部)、内転(中部)、水平屈曲・内旋(後部)をして伸張させることです。

三角筋のストレッチのやり方

① 胸の前に腕を通して親指は下に向け、もう片方の手を添えます。
顔の前で腕を組む

 

② 胸方向に腕を引きよせます。
三角筋後部のストレッチ

 

ポイント

肩が上がらないようにしっかり下制させましょう。

動画

 

三角筋前部のストレッチのやり方

① 四つ這いになります。
四つ這い

 

② 身体を深く前傾させ片方の腕を横に伸ばします。
腕は外旋させて小指側の縁を床につけるようにします。
腕を横に伸ばした状態

 

③ 上体をひねりながら肩を床に近づけていきます。
この時に身体が反らないようまっすぐの姿勢を保ちましょう。
大胸筋のストレッチ

 

三角筋中部のストレッチのやり方

① 正座になり、背中の後ろで片手の腕をもう片方の手で掴みます。
背中の後ろで手を掴む

 

② 掴んだ腕をやや斜め下方向に牽引しながら、内側に引っ張ります。
その時に身体が捻らないように肩はまっすぐ前に向けます。
三角筋中部のストレッチ

 

[短期でストレッチ資格を取得する!]
IBMA認定ストレッチトレーナー資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る