資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる
  • ピラティス

ピラティスは自律神経を整える効果が期待できる!

ピラティスのバレルで身体を伸ばす女性

2019年09月25日更新

この記事のポイント

・ピラティスは自律神経を整える効果が期待できる。
・胸式呼吸により交感神経を刺激することができる。
・自律神経が乱れることのない生活習慣を心がけ、ピラティスなどの運動や呼吸法を取り入れるのがおすすめ。

自律神経とは

自律神経とは、人間が生きていくために、無意識のうちに心身の機能を調節してくれる大切な神経です。
手や足は、自分が意識をして動かします。
しかし、心臓や胃腸は、自分が動かそうと意識しなくとも勝手に動いてくれています。
これは自律神経が心臓を動かしてくれているからなのです。
同様に、胃腸も食べ物を食べれば自動的に消化し、栄養を吸収してくれます。
呼吸も、寝ている時でも自動的に行われます。
運動すれば自動的に心拍が上がり、リラックスすれば下がります。
汗も体温に合わせて勝手に分泌されます。
これらはすべて意識せずとも自律神経が調節していて、身体の様々な活動に関わっているのです。

自律神経が支配しているものとは?

心臓・腎臓・肝臓・脾臓・胆嚢・小腸・大腸・胃・十二指腸・膀胱・瞳孔・血管・立毛筋・汗腺・子宮・卵巣など、ここで挙げきれないほど多くの器官を支配している自律神経。
簡単に言うと、自分で意識して動かせない部分は、すべて自律神経が支配しているのです。
ただし、肺だけは自律神経で支配されていながら、自分自身でも動かせる唯一の器官です。

ピラティスの胸式呼吸と自律神経の関係

ピラティスでは、意識的に肺を使う「胸式呼吸」を行います。
横隔膜が呼吸によって動き、吸う・吐くをリズム良く、深くとることで、自律神経をバランス良い状態にすることができるのです。
自律神経のバランスが取れていい状態になると、免疫力もアップし内臓も元気に働くようになるのです。
そして、病原菌やウイルスを撃退する生体の防御システムの免疫は、血液中の白血球がメインとなって働いています。
実はこの白血球の種類、その数、また働きの良し悪しは、自律神経の影響を受けていると言われています。
このように自律神経はたくさんの役目を持っている大切な神経なのです。

ピラティスは自律神経を整える効果が期待できる!

意識的な呼吸と定期的なピラティスが自律神経に影響を与えます。
実際に期待できる効果をみてみましょう。

① 脳への血流量が増加して、酸素供給量増加により集中力が高くなる
② 副交感神経を優位にしながら、運動することで新陳代謝を高めてくれる
③ ピラティスのポーズを作るという運動神経がシナプス結合を促進し、暗記力や認知力アップにつながる
④ 脳内からセロトニンの分泌量が増加して、気分が明るくなり良い精神状態になる

自律神経に悪影響を及ぼす生活習慣から意識しよう

意識的な呼吸と定期的なピラティスも大切ですが、日々の生活習慣も自律神経に深く関係します。
簡単なチェック方法でご自身の自律神経チェックをしてみましょう。

・運動の習慣がない
・寝る時間が不規則
・食事の栄養バランスが悪い
・間食をよくする
・呼吸が浅い
・コーヒーをよく飲む
・毎日お酒をよく飲む
・忙しく休む暇がない
・悩みを常にかかえている
・たばこを毎日吸う
・自分は吸わないが、回りにたばこを吸う人がたくさんいる
・毎日、3食とっていない
・お風呂に入るよりシャワーが多い
・ストレスを発散する趣味等がない
・家族、仕事上のことでトラブルが多い
・朝、起きる時間がバラバラである

0個・・・まったく問題なし
1-2個・・・問題なし
3-7個・・・少し問題あり
8-13個・・・自律神経失調症予備軍、注意しましょう
14個以上・・・早急に生活習慣を変える必要があります

3-7個以上当てはまった方は、生活習慣を変えていけるように意識し、呼吸とピラティスも上手に取り入れて自律神経を整えていきましょう!

まとめ

・自律神経とは、人間が生きていくために、無意識のうちに心身の機能を調節してくれる神経
・自分で意識して動かせない部分は、すべて自律神経が支配している
・肺は、自分で動かせる唯一の自律神経に支配された器官
・肺を使う胸式呼吸のピラティスでは自律神経を整える効果が期待できる

[ヨガレッスン0円体験実施中!]
恵比寿・自由が丘・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

[参考ブログ記事]
ピラティスは、腹式呼吸?それとも胸式呼吸?ピラティスで呼吸が大切な理由
ピラティスの効果・効能

この記事の著者
こまり

監修者

こまり

体育短大卒業後、某大手テーマパークにてショーやパレード、ツアーダンサーを勤める。
舞台・CM・TV・チアガール等を経験し、現在は「カラダメンテ養成スクール」にてピラティス、ヨガインストラクター資格スクール講師を務めながら、劇団の振り付け指導や監修なども行うヨガ、ピラティスの専門家。

[保有資格]
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ヨガマスターインストラクター
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ピラティスマスターインストラクター
・AEAJ(日本アロマ環境協会)認定アロマテラピーアドバイザー
・内閣府認証NPO法人国際セラピスト協会認定トラディショナルバリニーズセラピスト


こまりの書いた記事を見る

この記事の著者
こまり

監修者

こまり

体育短大卒業後、某大手テーマパークにてショーやパレード、ツアーダンサーを勤める。
舞台・CM・TV・チアガール等を経験し、現在は「カラダメンテ養成スクール」にてピラティス、ヨガインストラクター資格スクール講師を務めながら、劇団の振り付け指導や監修なども行うヨガ、ピラティスの専門家。

[保有資格]
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ヨガマスターインストラクター
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ピラティスマスターインストラクター
・AEAJ(日本アロマ環境協会)認定アロマテラピーアドバイザー
・内閣府認証NPO法人国際セラピスト協会認定トラディショナルバリニーズセラピスト


ページトップに戻る