資格のマナビバ

動画で学び、資格が取れる、
美容・健康業界で先生になるためのスクール

メニュー
閉じる
  • アロマテラピー

アロマテラピーの効果とメカニズム

2019年04月08日更新

 

五感で感じるアロマテラピーが効果的な理由

アロマテラピーはストレスを解消する為、リラックスをする為の手助けとなり、「癒し」効果として注目が集まっていますが、どのようなメカニズムで身体に作用するかまではなかなか知られていません。
ここでしっかり学び、レッスンやパーソナルセッションに効果的に役立ててみて下さい。

まずは、私たち人間の「五感」についてです。
五感とは、①視覚 ②聴覚 ③触覚 ④味覚 ⑤嗅覚の5つの感覚のことですが、アロマテラピーにおいて重要なのは、⑤嗅覚です。
生き延びていく為にとても重要な感覚なので、殆どの動物に備わった感覚です。

早速、鼻から脳へと伝わるメカニズムをみていきましょう。
まず、嗅覚は鼻腔の上の方にある「嗅上皮」という匂いを感じる部分でキャッチされます。香りの分子は「嗅上皮」の粘膜でできた液体層に溶け込み、嗅細胞の先端である「嗅毛」という極細の毛で取り込まれます。取り込まれた香りの情報は、「嗅細胞」の中で興奮を起こし、電気信号に変換されインパルス(活動電位)を発生させます。インパルスは神経線維を伝わり、脳の底にある「嗅球」と呼ばれる嗅神経を経て脳へと伝わっていきます。
脳へと入った香りの情報は、まず大脳辺縁系という古い皮質に達し、大脳辺縁系から視床下部すぐ下にある下垂体へと伝達されます。同時に、大脳皮質の嗅覚野にも到達し、ここで香りを知覚し何の香りかを判断します。

ちょっと難しいお話になってしまいましたが、重要なのは、脳へと入った香りの情報は、まず「大脳辺縁系」という古い皮質に達するということです。
大脳辺縁系は、食欲や性欲などの動物と共通した本能に基づく行動、喜怒哀楽などの情緒行動を支配し、自律機能にも大きな役割を果たしています。そして、興味深いことに、大脳辺縁系は「嗅脳」とも呼ばれ、嗅覚は直接この大脳辺縁系と結びついてるのです。
 

脳には「考える脳」と「感じる脳」がある!?

大脳を新しい皮質と古い皮質で区別した場合、人間の脳の90%以上は考えたり記憶をする等の「考える脳」と言われる新しい皮質が占めていると言われています。
視覚、聴覚、触覚、味覚はいったんこの新しい皮質の「考える脳」を経由し、その後人間の五感のなかで最も原始的であり本能的な感覚と言われる「感じる脳」に届けられます。
しかし、嗅覚だけはこの経路を辿りません。
香りの情報が「考える脳」を経由せず、古い皮質の「感じる脳」に直接届けられるのです。
これが嗅覚の一番の特徴で五感の中で、唯一「感じる脳」にダイレクトに届くメカニズムです。他の感覚に比べて感情に訴える割合が大きく、感情や本能を支配する脳に作用します。反応も早いのでこれが嗅覚の一番の特徴です。

イライラした時や、疲れた時に好きな香りを嗅いだら気分がすっきりして、リラックスした経験はありませんか?
これは、香りの情報が「考える脳」を経由せず、「感じる脳」に直接届けられるという生理的なメカニズムに基づいたアロマテラピー効果の1つなのです。

 

なんとなくではなく、科学的に証明されたアロマの効果

香りの信号が大脳辺縁系へ到達した後、視床下部から下垂体へと伝わるメカニズムもとても重要です。
視床下部は生命活動に欠かすことのできない、
・体温
・水分
・血圧
・睡眠リズム
・消化
・呼吸
など様々な働きの調整を行っています。
視床下部は自律神経を支配するだけでなく、下にある下垂体という器官とも密接な連携をとって機能しています。
下垂体は、さまざまなホルモンを分泌する内分泌器官で、ホルモン分泌量等をコントロールし、各臓器に働きかけて生命維持の安定に大きな役割を果たし、視床下部もホルモンを分泌し、または神経連絡によって下垂体に指令を送っています。
視床下部と下垂体は一体となって身体の健康を維持する為の重要な働きをしているのです。

人間はストレス状態にさらされたり感情的なダメージを受けると、自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスを崩したり、内分泌系の乱れが生じ、免疫系にも悪影響を及ぼすことも知られています。
アロマテラピーにおいては、香りの分子を電気信号としてこの視床下部に送ることにより、脳内伝達物質の働きに変化が起きると言われています。

このように、アロマはただ感覚的に、私たちの心と体に働きかけているのではなく、科学的なメカニズムに支えられています。
まずは、このメカニズムを理解し、アロマテラピーに触れ、効果を実感してみてください。

[参考ブログ記事]
香りが生理痛に効果的!生理中におすすめのアロマオイル
腰痛にも効果的!腰痛改善におすすめのアロマテラピー
花粉症に効くアロマテラピー【アロマオイル掲載あり】

この記事の著者
こまり

監修者

こまり

体育短大卒業後、某大手テーマパークにてショーやパレード、ツアーダンサーを勤める。
舞台・CM・TV・チアガール等を経験し、現在は「カラダメンテ養成スクール」にてピラティス、ヨガインストラクター資格スクール講師を務めながら、劇団の振り付け指導や監修なども行うヨガ、ピラティスの専門家。

[保有資格]
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ヨガマスターインストラクター
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ピラティスマスターインストラクター
・AEAJ(日本アロマ環境協会)認定アロマテラピーアドバイザー
・内閣府認証NPO法人国際セラピスト協会認定トラディショナルバリニーズセラピスト


こまりの書いた記事を見る

この記事の著者
こまり

監修者

こまり

体育短大卒業後、某大手テーマパークにてショーやパレード、ツアーダンサーを勤める。
舞台・CM・TV・チアガール等を経験し、現在は「カラダメンテ養成スクール」にてピラティス、ヨガインストラクター資格スクール講師を務めながら、劇団の振り付け指導や監修なども行うヨガ、ピラティスの専門家。

[保有資格]
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ヨガマスターインストラクター
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定ピラティスマスターインストラクター
・AEAJ(日本アロマ環境協会)認定アロマテラピーアドバイザー
・内閣府認証NPO法人国際セラピスト協会認定トラディショナルバリニーズセラピスト


ページトップに戻る