資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる
  • ヨガ
  • 独立開業・起業・ビジネス

海外のヨガ講師を日本に招いてイベントを開催する方法

インド人講師のヨガのレッスン風景

2019年07月15日更新

この記事のポイント

・海外ヨガ講師を日本に招いてイベントを開催するためには場所や企画などの準備が大切
・有名講師は招待が難しいが集客に繋がるというメリットとデメリットがある
・講師と連絡を取る方法は知り合いから紹介のほか、インスタグラムやサイトなどからコンタクトしてみることも可能
・通訳者や打ち合わせ場所の確保などの事前準備もする必要がある

海外のヨガ講師を日本に招いてイベントを開催するには

ヨガスタジオの増加とともに、海外のヨガ講師を招いて、非日常的な「ヨガイベント」を開催するスタジオやイベント会社が増えています。

「ビジネス」「共有したい」など理由は様々ですが、海外講師を招いたイベントやワークショップを開催したいというヨガスタジオ・教室を主宰している方は、多いのではないでしょうか。
では、海外のヨガ講師を日本に招いて、イベントを開催するにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは、どんなヨガイベントを企画するのかを考えましょう

ヨガの流派に着目するのか、専門的な分野をじっくり学んでいくイベントなのか、それとも流派は問わず幅広い層に楽しんでもらえるイベントを開催したいのか?
まずは、どんなヨガイベントを開催したいのかをイメージしましょう。
海外ヨガ講師の個性が生かされるだけでなく、お客様に「特別な時間」を味わって頂けるためには、どんな「特別」が提供できるかです。

じっくり専門的な企画であれば、日頃からヨガを学ぶ生徒さんが、知恵と成長を得る「目的」があります。
よくあるワークショップの開催例としては「資格」や「認定証」が付いてくる企画です。
もっと大きな視野で「ヨガをより多くの方々に楽しんで頂きたい」という場合はプラスαの付加価値やニーズを加えてみましょう。
何かと何かのコラボレーションなど、例えばヨガ×アロマ、ヨガ×マクロビ、ヨガ×漢方など、ライフスタイルと共通するテーマとコラボレーションするのもイベントならではの楽しみ方です。

[イベント開催にあたっての確認事項]
・じっくり、深いヨガを学ぶイベントであれば、学べる環境が必要です。
講師から指定される時間、道具や場所が準備できるか?などの確認は必須です。
・パーティスタイルのようなヨガイベントの場合は、アクセスしやすい場所など、スペースの確認。特に出会いの場としての開催の場合は内容を具体化、飲食等の手配も企画する必要性があるかもしれません。
・季節感を生かしたイベントの場合は「室内・外」によって大きく変わります。外の場合は天気だけでなく、その土地でする事が認められた権利書が必要になる場合があるので、要確認です。
・中には芸術のように美しいヨガフローを見せてくれる講師もいます。講師の練習風景など、もしくはパフォーマンスショーの様に企画するイベントも可能な場合もあるので、講師に確認してみましょう。

海外講師はどのように出会えるか?

① スタジオオーナーや企画者としてイベント・ワークショップを開催する場合
お客様のニーズを聞いて、その分野に詳しい海外ヨガ講師を探しましょう。
インターネット検索から連絡する方法もありますが、知り合いを通して海外ヨガ講師を紹介をしてもらう方が、ある程度の予算や人柄、評判が聞けるので、イベント企画はスムーズでしょう。

② 個人的にイベント・ワークショップを開催する場合
ヨガインストラクターなどヨガを学ぶ方の中には、海外で学ぶ方も多くいます。
海外で出会った講師の、人がら、流派を深く知る事で、”学びたい”から”伝えたい”に変わる事があります。
より多くの日本人に、海外に行かずとも日本で学ぶことができる環境を、誰が作るのか?
それはあなたしかできない事かもしれません。
そんな時は、是非チャレンジして「発信者」になってみましょう。
来日して欲しいと思う強い気持ちが講師に伝われば、共に発信する事が現実になります。

有名な海外ヨガ講師を招く企画のメリット・デメリット

①有名な海外講師を招いてイベント・ワークショップを開催する場合
[メリット]
有名講師の場合は、生徒さんは集まりやすいでしょう。
もしヨガスタジオを経営している場合は、スタジオを知って頂けるチャンスです。
予約もすぐ埋まる事が期待でき、WEBサイトやSNSのみであっても沢山の生徒さんが集まり、広告費が削減ができます。
SNSで効率よく、スピーディーにイベントを広げられるだけでなく、時にはそれが広告収入に繋がる場合もあります。(契約手続きをしている場合)

[デメリット]
有名講師の場合は、講師に支払う報酬も高くなります。
さらに来日にあたって、「渡航費」「ホテル代」など、報酬以外の費用も発生します。
そのため、参加料金を高く設定する必要があるので、お客様の費用負担に伴い、参加率が低くなる可能性があります。
採算度外視で、スタジオの知名度を上げるための位置付けとして考える場合には、リーズナブルにイベント・ワークショップを開催する事が出来るでしょう。

② 有名講師ではなく個人的に発信する場合
[メリット]
個人的にイベント・ワークショップを開催する場合は、自分のやりたいように企画でき、1つの作品としての達成感を味わえます。
それだけでなく、個人的に開催したことで、海外ヨガ講師のみならずあなた自身の知名度UPも期待されます。
そのイベントが大きいほど、その後大々的なヨガイベントにも声がかかる可能性も夢ではありません。
海外ヨガ講師とともに、”日本に根付いていく”という同じ目的を持つ同士のため、料金設定も生徒さんが参加しやすい設定に出来るでしょう。「渡航費」「ホテル代」も考慮してもらえることもあります。
そして何より、海外ヨガ講師との信頼関係が築けるので、イベント成功後には更に心強い協力者となるでしょう。

[デメリット]
知名度の少ない講師の場合は、「あなた」の発信力によってイベントの開催は左右されます。
大量の広告費を使えば、それだけ人は集まり、イベントは成功に繋がるかもしれませんが、その後、海外ヨガ講師の知名度が安定するかは定かではありません。
より深く、知名度を根付かせるには、発信者としてあなた自身が広告となることが鍵となります。
人は、”あなた”自身に魅力を感じれば、あなたが学んでいることや講師にも興味を持ちます。
何かを人に”伝える”ことは、大きな責任による負担を感じますが、伝えることが成功した時の達成感は自身の自信に繋がり、心身共に強く、良いエネルギーを得られることでしょう。
それがやがて自身の魅力を更に磨けるきっかけとなり、また人は集まってくるはずです。

海外ヨガ講師が来日するにあたっての準備

まずは海外ヨガ講師のスケジュールと準備期間のバランスをみましょう。
大きなイベントとなれば準備期間を余裕もって半年ほどは必要となってきますが、小さなイベントでも最低は2ヶ月は必要となるでしょう。
講師の渡航準備・ホテル予約、そして何よりも参加していただくお客様の中には、仕事上1ヶ月前までに希望休を必要とする場合が多いので、その方々を配慮して、少なくても2ヶ月は準備時間を必要としたいです。

① 通訳者
何と言っても大事なのは講師の通訳が出来る人を見つけておく必要があります。
企画が決まったら通訳者を確保しておくことが重要です。特に人気の通訳者となればスケジュールを早めに組んでおきましょう。
通訳と言っても、ヨガ用語やヨガを学んでいる通訳者が大切になってきます。
そして通訳者は、海外ヨガ講師の特徴を知る時間と準備が必要になるので、サポートが出来る環境を整えましょう。

② イベントスペース場所と開催時間
参加人数にあったスペースを確保しましょう。
スタジオがすでにある場合は、その日のスケジュールを確認し、必要であれば通常スケジュールをイベントに合わせて変更しましょう。
普段から通って頂いてるお客様にも配慮を忘れず、迷惑かけないためにも事前報告が大切です。

スタジオを借りる、もしくはスペースをレンタルする場合は、レンタル料金をなるべく抑えることも大切なので、生徒さんの参加費を考慮した上、予算のバランスを確認しましょう。
「無料マット貸し出し」などサービスをしているレンタルスタジオもあります。

③ 海外ヨガ講師との打ち合わせ
打ち合わせは開催のイベント内容や費用のみならず、ホテルの手配など、イベント以外の準備が必要となります。
私たちが海外に行く時と同じように、講師側も宿泊先がどこがいいのかなど把握ができないので、こちらがいくつかセレクトし、サポートすることが大切になります。
来日するにあたっては言葉の壁だけでなく、環境の違いもあり、不安になります。講師が不安なくスムーズにイベントを成功させるためには、こちらのサポート力が必要とされます。
海外ヨガ講師がイベント成功に向けて集中できる環境作りも大切な仕事になります。

まとめ

海外ヨガ講師が、日本にてイベントを開催してくれるのを待ちわびている生徒さんは沢山います。
それを「誰」が開催するのか?
海外ヨガ講師のイベント企画は、ヨガスタジオのオーナーでなくても、個人的に気になる講師がいれば誰でも開催できます。
企画にあたり、開催してみたいヨガイベント・ワークショップのイメージがあれば、是非チャレンジしてみましょう!

[ヨガレッスン0円体験実施中!]
恵比寿・自由が丘・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

[参考ブログ記事]
ヨガイベント・フェスタはこう楽しむ!ワークショップだけでなくショッピングやカフェも!
世界のヨガスタイル・種類
海外留学でヨガインストラクター資格を取得する方法

この記事の著者
SUN REI

監修者

SUN REI

日本のみならず10年間の海外留学でグローバルにヨガを経験する。ラジオやAppのヨガモデルなどヨガに関する様々な経験を経てヨガインストラクター、海外のヨガスクール「It’s Yoga Satellite」Ricardo講師のアシスタントと日本と海外の掛け橋役オーガナイザーとして活動するヨガの専門家。長期に渡る海外在住で培った経験をもとに海外のヨガに関する情報を発信している。
reiyoga.weebly.com

[保有資格]
・アシュタンガ指導者認定証取得 IYCインターナショナルヨガセンター
・100hr RocketYoga 指導者認定書取得「It’s Yoga Satellite」
・200hr RYS ashtanga vinyasa base 「It’s Yoga Satellite」


SUN REIの書いた記事を見る

この記事の著者
SUN REI

監修者

SUN REI

日本のみならず10年間の海外留学でグローバルにヨガを経験する。ラジオやAppのヨガモデルなどヨガに関する様々な経験を経てヨガインストラクター、海外のヨガスクール「It’s Yoga Satellite」Ricardo講師のアシスタントと日本と海外の掛け橋役オーガナイザーとして活動するヨガの専門家。長期に渡る海外在住で培った経験をもとに海外のヨガに関する情報を発信している。
reiyoga.weebly.com

[保有資格]
・アシュタンガ指導者認定証取得 IYCインターナショナルヨガセンター
・100hr RocketYoga 指導者認定書取得「It’s Yoga Satellite」
・200hr RYS ashtanga vinyasa base 「It’s Yoga Satellite」


ページトップに戻る