資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる
  • ヨガ

海外留学でヨガインストラクター資格を取得する方法

ヨガのアップドッグポーズ

2019年09月18日更新

この記事のポイント

・海外でヨガインストラクター資格を取得するのは、国際的な輪が広がり、より深く経験豊富な講師に学ぶことができるメリットがある。
・移動や泊まり込みなど費用と時間が必要というデメリットもある。
・海外のヨガスクールならエージェントを通じも可能だが、自分でオンラインで支払いし、申し込むこともできる。

海外留学でヨガインストラクター資格を取得する人は増えている

趣味から始まったヨガ。
でも、もっとヨガを深めたいとヨガインストラクターに転職する方はとても多いのです。
その際に、考えるのが海外ヨガ留学でヨガインストラクター資格を取得する道でしょう。

非日常の中でヨガを深く学んでみたい!
学びたいヨガスタイル、ヨガ講師の元で、ヨガインストラクター資格を取得したい!
高い費用をかけるなら少しでもメリットを受けたい!
など、海外留学でヨガインストラクター資格取得を考える理由は様々あるかと思います。

もちろん、日本で働きながら、週末開催のヨガインストラクター資格取得コースなどで2ヶ月~半年かけて資格取得する方法もあります。
あなたに合った方法で資格取得の場所や時期など検討してみましょう。

[参考ブログ記事]
ヨガインストラクター資格の種類には海外と国内でどんなものがある?

ヨガインストラクター養成スクールの選び方とポイント

海外でヨガインストラクター資格を取得するメリット

① 非日常な環境でヨガだけに集中したい方には海外留学がおすすめ!

ヨガインストラクター資格取得ともなれば、毎日アーサナの練習、宿題もあればテストもあります。
せっかく高い費用を払って資格取得するなら、学んだ事は全て吸収して活かしたいですよね。
海外ヨガ留学における短期集中プログラムでは、半月~1ヶ月もの間、みっちりヨガだけに集中して取り組む時間があるこそ、わからない事があっても時間を気にせずじっくり研究できます。

② 旅行気分を味わえる!

日本でヨガインストラクター資格を取得した場合でも、自宅から通勤(もちろん食事も通勤費用もホテル代も含まれていません)で、安くても約40万程度はかかります。
しかし、海外留学で短期集中プログラムの場合、1ヶ月、ホテル+朝夕2食付き+資格取得(+リゾートだと離島で1日観光付き!なんてのも)=約40万程度~あります。(※渡航費用+空港からホテル迄の往復タクシー代は付いていません)
+α、その日のプログラムが終われば(およそ毎日20時で終了します)、その後は町に出て買い物などもできます。
同じ費用でも、内容がここまで変わってくるのです。旅行に行けば、またそれだけの費用がかかると思えば、思い切って海外留学でヨガインストラクター資格を取得するのはとってもお得です。

③ 世界各国から同じ目的を持って「ヨガ好き」が集まるので、世界の輪が広がります!

アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど、世界各国からヨガを学びたいと集まってきます。
それぞれ言語や育った環境や文化が違いますが、「ヨガが好き」という同じ共通点を持っているので、言葉が多少通じなくても強い絆が生まれます。特に、長い期間共同生活なだけに、家族の様に助け合って暮らすことで、日本に帰っても絆が続くことが多いです。
世界の視野を広げられるいいチャンスに巡り会えます!

④ 英語が上達する!

日本代理店を通しませんので、通訳者もいません。だからこそ、自分で学ぼうという意識ができます。
同じ目的を持ったメンバーは世界各国から集まってくるので、皆が英語で話すとは限りません。
そのため、1人1人共にする時間は一生懸命支え合って、皆が会話をしようと心がけるので、英語の上達にも繋がり、心も繋がります。
勇気を持って一歩踏み出してみましょう!

⑤ 講師との繋がりが深くなる!

講師とは大抵の場合は同じホテル、同じ期間、同じ条件の中で一緒に生活を送っているので、公私ともにお互いを知るいい機会です。
講師も同じ人間、体調が良い日もあれば悪い日もきっとあります。
そんな本当の姿をお互い知ることができるので、ヨガインストラクター資格取得後、時間が空いても必ず貴方を覚えていてくれます。
その後一緒に仕事をすることになったり、あなたの運命を変える人になるかもしれません。

海外でヨガインストラクター資格を取得するデメリット

① 長い海外滞在期間の為、身体・精神的に気をつける必要がある

海外留学で2週間~1ヶ月の滞在ともなれば多少なりとも疲れが出てきます。
そんな時は我慢せずに先生や一緒に受講しているメンバーに相談をしましょう。そこに参加しているメンバーは皆同じ環境なので一番の理解者です。
”素直にOPENな気持ち”で人と接することで、1ヶ月と言う時間を最も有意義に過ごせるキーとなります。

② 半月〜1ヶ月の間、日本から離れなければならない為、まとまった時間を作る必要性がある

そもそも1ヶ月近くの間、日本を離れる事が現実にできるかどうかはよく考えなければいけません。
海外留学の間は、収入がなくなる方がほとんどだと思いますので、経済面もよく考える必要があるでしょう。

③ 海外講師は大抵英語で話すので、日本語以外の言葉を話せないとアタフタする可能性がある

しかし、あなただけはなく世界各国から集まってきますので、スペイン語、フランス語、中国語など、母国語しか話せない方も大勢います。
前向きにチャレンジ、失敗を恐れず(そのためのトレーニングなのです)、そしてわからない事はクラス後先生に聞いたり、メンバーに聞く勇気を持ちましょう!

海外ヨガ留学申し込みの流れ

① 海外ヨガ留学のウェブサイトを探してみましょう

ヨガの流派や講師がすでに絞られている方は、そのまま講師のウェブサイトにアクセスすれば情報がアップされているので、場所や期間をチェックしましょう。
特にこだわりがない方は、”どこの国に行ってみたい”などイメージをし、GoogleやYahoo!などで”Yoga teachers training 国名”をサイト検索かけてみると、沢山ヒットすると思いますので、気になるサイトを見ていきましょう。
特に、個人でヨガ講師の場合は、信頼があるか調べる必要性があります。中には信頼できないサイトもある”かも”しれません。(詐欺の可能性も…)
英語が苦手な方は、スクールを選択することで、信頼性など何かと便利になるかもしれません。
心配事があれば、まず自己紹介がてらスクールにコンタクトをしてみましょう。

例)もし英語に不安がある方は、
”I am not confidence with my English,but am I able to participate in the course?”(英語に不安を感じていますが、コースに参加できますか?)
など、直接メールであらゆる疑問を投げかけてみましょう。
中には、講師が直々で素晴らしい対応、メール返信してくださる方もいらっしゃいます。
不安のないスクールを探しましょう。特に、ウェブサイトでどれくらいの生徒を卒業させた経歴があるかなどの情報が記載されていると望ましいですね。

② 予約、支払いをしてみましょう

ウェブサイトには「予約ページ」があります。「application form」などと記載してあるはずです。
英語ですが、必要事項を入力し、送信しましょう。
項目には、身体状態、ヨガ歴、何を最も学んびたいか、などありますが、身体的に問題がなければ深く考えなくても大丈夫です。
アプリケーションの送信後は、支払い方法などの返信が来るはずなのでそれに従いましょう。

③ 支払い前の確認!!

(1) 早い申し込みや支払いなどの場合「early bird」という割引が付いていたりします。
キャンセルする予定がなければ、早めに申し込むと大変お得です。シーズンによっては、飛行機代に活用できるぐらいの金額となります。
(2) キャンセルのペナルティなどの確認を忘れずにしましょう。
(3) ホテルは通常1部屋2人と”共同”が基本です。もし個人部屋を希望される場合は、あらかじめメールで部屋の確保をお願いしましょう。値段もプラス料金がかかってきますので、要確認です。
(4) 空港からホテルまでの送迎が必要な場合もメールで確認しましょう。送迎が必要であれば予約を取ってくれます。現地でタクシーを見つけるのに不安がなければそちらを選ぶ手もあります。
(5) 忘れてはならないのは「飛行機の予約」です。海外留学費には含まれていませんので、空席や予約が取れるのを確認をした上でヨガ留学の予約を取りましょう。

④ 支払い方法

最も安心な支払い方法が、
・PAY PAL
・BANK TRANSFER
による方法でしょうか。
確認しなければならないのは、early birdがギリギリな場合、送金が間に合うか確認してから支払いをしてください。
送金後は必ずメールで確認を取りましょう。

例)”I,(名前) made a payment(値段) in (何日).Please kindly to check and inform if you received the payment.Thank you.”

返答が来れば、完了です!
可能であれば海外ヨガ留学の数日前に、もう一度メールで確認コンタクトを取ることをおすすめします。(※USの場合はESTA申請をお忘れなく)

後は、海外ヨガ留学に向けて体調を整えていくだけです!
お金のレートなど、その土地を少し下調べして行くと安心かもしれませんね。
素晴らしい海外ヨガ留学となりますように!

[ヨガレッスン0円体験実施中!]
恵比寿・自由が丘・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

[ヨガをもっと深く学ぶ!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[参考ブログ記事]
海外留学でヨガインストラクター資格を取得するには英語は必要?

この記事の著者
SUN REI

監修者

SUN REI

日本のみならず10年間の海外留学でグローバルにヨガを経験する。ラジオやAppのヨガモデルなどヨガに関する様々な経験を経てヨガインストラクター、海外のヨガスクール「It’s Yoga Satellite」Ricardo講師のアシスタントと日本と海外の掛け橋役オーガナイザーとして活動するヨガの専門家。長期に渡る海外在住で培った経験をもとに海外のヨガに関する情報を発信している。
reiyoga.weebly.com

[保有資格]
・アシュタンガ指導者認定証取得 IYCインターナショナルヨガセンター
・100hr RocketYoga 指導者認定書取得「It’s Yoga Satellite」
・200hr RYS ashtanga vinyasa base 「It’s Yoga Satellite」


SUN REIの書いた記事を見る

この記事の著者
SUN REI

監修者

SUN REI

日本のみならず10年間の海外留学でグローバルにヨガを経験する。ラジオやAppのヨガモデルなどヨガに関する様々な経験を経てヨガインストラクター、海外のヨガスクール「It’s Yoga Satellite」Ricardo講師のアシスタントと日本と海外の掛け橋役オーガナイザーとして活動するヨガの専門家。長期に渡る海外在住で培った経験をもとに海外のヨガに関する情報を発信している。
reiyoga.weebly.com

[保有資格]
・アシュタンガ指導者認定証取得 IYCインターナショナルヨガセンター
・100hr RocketYoga 指導者認定書取得「It’s Yoga Satellite」
・200hr RYS ashtanga vinyasa base 「It’s Yoga Satellite」


ページトップに戻る