資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる
  • トレーニング・加圧トレーニング

加圧トレーニングインストラクター資格を取得するメリット

加圧トレーニング機材

2019年09月23日更新

この記事のポイント

・加圧トレーニングは低負荷で効果的に成長ホルモンを分泌させる効果があり、女性のボディメイクにもメリットが多い
・加圧の知識を深めて資格を取得することで、トレーニングの幅が広がり、求人応募の際にも有利になり得る
・加圧トレーニングの特徴とメリットは「低負荷で高い効果」「血行促進効果」の大きく2つ
・今後より需要が増える加圧トレーニングの資格はパーソナルトレーナに大きなメリットがある

地方でブーム到来!?ますます広がる加圧トレーニング

加圧スペシャルインストラクター(「加圧トレーニングインストラクター資格」取得スクールの講師)として、長年加圧トレーニングに携わってきた経験を元に、加圧トレーニング資格を取得するメリットについてお伝えします。

加圧トレーニングインストラクター資格取得コース受講者の数は、年々地方からの受講者も増加していると感じています。
東京では、5年前くらいに加圧トレーニングの大ブームがきました。
パーソナルトレーニングジムなど、現在は多くのトレーナーが加圧トレーニングを取り入れています。

東京の加圧トレーニングブームに乗った経験も踏まえると、今後地方でもますます加圧トレーニングの需要は増えるでしょう。
パーソナルトレーナーとして活動をするなら、加圧トレーニング資格を取得することで、転職や求人の際に有利な上、集客がしやすくなりメリットは多いと言えるでしょう。

加圧トレーニング資格を取得するメリット

・同じ運動でも効果的に結果に導きやすくなる

・転職や求人応募に有利になり得る

・他のパーソナルトレーナーとの差がつく

ダイエットやボディメイクのブームにより、女性も多くの方がパーソナルトレーニングジムに通っています。
筋トレは苦手だけれど、美しい引き締まった筋肉を目指す女性が増えているのです。
加圧トレーニングは筋肉に大きな負担をかけなくても、大量の成長ホルモンの分泌を促すことができるため、女性のダイエットやボディメイクに最適と言えます。
つまり、男性の筋トレだけでなく女性のボディメイクできる知識を持ち合わせたトレーナーの需要は今後より一層高まり、加圧資格は大きなメリットとなるでしょう。

加圧トレーニングの技術的なメリットとは?

加圧トレーニングは、特許を取るほど、画期的なメソッドです。
しかし、加圧トレーニングには、加圧トレーニングにしかないと言っても過言ではない2つの大きな効果・メリットがあります。

① 大きな負担をかけずに、成長ホルモンの分泌を促す

1つ目のメリットは、「筋肉に大きな負担をかけなくても、大量の成長ホルモンが出せる」ということです。

通常のレジスタンストレーニング(ダンベルの重量を使った筋トレなど)でも成長ホルモンは分泌しますが、加圧トレーニングでは、同じ動きで約10倍の成長ホルモンが分泌されると言われています。

また、このレジスタンストレーニングの基本は、筋肥大を目的としています。
つまり、やり方を気をつけなければ、筋肉が肥大して見た目が太くなる可能性があります。
もちろん加圧トレー二ングでも筋肥大を目的としたやり方をすれば、もちろん筋肉は太くなり、見た目も太くなる可能性はあります。
しかし、低負荷でトレーニングができる加圧トレーニングは、成長ホルモンの分泌にフォーカスすることで、筋肉を太くせず、代謝を上げることができるのです。
引き締め効果が期待でき、女性には非常に有効なメソッドと言えるでしょう。

② 短期的に血流を大きく促せる

2つ目のメリットは、「短期的に血流を大きく促せる」ことです。
加圧トレーニングでは、一時的にベルトで血流を制限した状態でトレーニングを行い、終了後ベルトを外します。
そうすると、堰き止められていたダムが崩壊するように、血流が一気に流れ出します。
血流が良くなり、血行不良が原因の肩こりなどが解消する方も多いです。
これほどまでに血流を促すトレーニングは今までになく、加圧トレーニングならではの効果であり、「血管に対して直接アプローチをかけている」という意味では、唯一と言っても過言ではない画期的なメソッドと言えるでしょう。

人間の身体は千差万別のため、加圧トレーニングで全てが解決する訳ではありません。
しかし、加圧トレーニングならではの効果があり、加圧トレーニングでダイエットやボディメイクに成功した例や、肩こりやむくみが解消した例は多くあります。

無重力下である宇宙トレーニングとしての可能性

さらに現在、加圧トレーニングは、ロシア宇宙庁で宇宙滞在時のトレーニングとして期待されているそうです。
無重力環境下では重力に抵抗して血液を送り出す必要がなくなり、ポンプ機能が低下し血液量が減少します。
筋肉への負荷が弱まり、心筋が弱くなり心不全などの病気を引きおこす可能性があります。
そのため通常、重力を利用するレジスタンストレーニングが必要です。
しかし、無重力下ではダンベルもふわふわと浮くわけですから、ダンベルや自重トレーニングは意味をなしません。
加圧トレーニングの場合は、ベルトを締めることで成長ホルモンを分泌させる方法のため、無重力でもトレーニングの補助として活用できるのでしょう。

将来、私たち一般人の間でも宇宙旅行が身近なものになると言われています。
そういう意味でも、加圧トレーニングというメソッド自体の未来は明るく、まだまだ可能性を秘めたトレーニングだと思います。

将来性もある加圧資格はトレーナーにおすすめ

男性の筋トレだけでなく、ダイエットやボディメイクを目指す女性に加圧トレーニングは非常に有効です。
そのためパーソナルトレーニングジムでトレーナーとして活躍したい方には、加圧の知識は今後大いに役に立つメリットと言えます。
お客様に低負荷で効果的になりたい身体に導くためのツールとして活用できます。
加圧を取り入れるジムやスタジオは今後も増えると考えられるため、就職や求人にも有利になり得るでしょう。
世界的にも様々な分野で活用が期待されている加圧の資格は、他のトレーナーとの差をつけ、トレーニングに幅を持たせることができるメリットの多いものとしておすすめです。

[加圧トレーニング資格を取得したい方はこちら]
加圧トレーニングインストラクター資格スクール

[参考ブログ記事]
ボディワーカーたる者、ピラティス、ストレッチ、トレーニングなどの引き出しを数多く持つべし!​
加圧トレーナー資格保有者におけるKAATSU JAPAN社製とKAATSU GLOBAL(加圧グローバル)社製の違い

この記事の著者
山川和樹

監修者

山川和樹

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
「カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
・株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[Twitter]@kazukazeymkw
[note]note.mu/kazukaze
[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Instagram]@kazukaze


山川和樹の書いた記事を見る

この記事の著者
山川和樹

監修者

山川和樹

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
「カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
・株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
・IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[Twitter]@kazukazeymkw
[note]note.mu/kazukaze
[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Instagram]@kazukaze


ページトップに戻る