資格のマナビバ

動画で学び、資格が取れる、
美容・健康業界で先生になるためのスクール

メニュー
  • タイ古式マッサージ・マッサージ
  • 資格スクールレポート

「IBMA認定タイ古式マッサージセラピスト資格取得コース」資格スクールレポート

「IBMA認定タイ古式マッサージセラピスト資格取得コース」資格スクールレポート
 
資格スクールレポート!「IBMA認定タイ古式マッサージセラピスト資格取得コース」

IBMA(国際ボディメンテナンス協会)認定タイ古式マッサージセラピスト資格取得コースについてレポートをお届けします!
タイ古式マッサージセラピスト資格取得コースは、2日間の通学で資格を取得できる短期集中コースと、自宅で学べるオンライン通信講座の2種類のコースがあります。

タイ古式マッサージオンライン通信講座は、通学資格コースと同じ全ての施術動画とテキストを閲覧でき、習得後はタイ古式マッサージ90分〜120分のサービスが提供可能です。
遠方で東京会場まで通学できない方やご自身のペースで技術を習得したい方、既にヨガ・ストレッチなどの他資格で活動しているが、技術のみを+αで学びたい方に最適のオンライン通信講座です。

いずれのコースもノウハウを凝縮し、実践的かつ短期間で、タイ古式マッサージセラピスト資格を取得することが可能になっています。
今回は人気の「タイ古式マッサージセラピスト資格取得コース」2日間短期集中コースの様子をお伝えします!

 
どんな方が参加しているの?



週末2日間の短期集中コースなので、中々定期的にスクールに通うことができない方や地方在住の方が多いコースです。
今回の参加者は、加圧トレーナー・パーソナルトレーナー、セラピスト、中には既にタイ古式マッサージを勤務先の研修で習ったが、しっかりと学び直して資格を取得したいという方もいらっしゃいました。

ボディワーカーではなく、全く初心者の方も参加され、家族のため、ご自身のためという理由で参加される方も学びに来られます。
いずれの方も「世界一気持ちいいマッサージ」と称されるタイ古式マッサージを習得して、人のためになりたい!という目的の方ばかりでした。

講師は、どんな人にも理解できる易しい言葉で、丁寧に説明してくれますので、身体について学んだことがない方も安心して参加が出来る内容となっています!

 
タイ古式マッサージ資格スクールで学べること



タイ伝統医学やセンと呼ばれる10本のエネルギーラインを学び、 ラインに沿ってマッサージを施していく100種類以上のタイ古式マッサージテクニックテクニックを習得します。

この資格を取得すると、90分程度のタイ古式マッサージのサービスを提供するスキルが習得できます。
タイ古式マッサージのサービスを対価に換算すると、10分1,000円程度が平均的な相場料金ですので、この資格コース修了すると、6,000〜12,000円くらいのサービスが提供できる技術が身に付くイメージでしょうか。

タイ古式マッサージ資格取得短期集中コースでは、タイ古式マッサージの総本山、ワットポー王立寺院で公式資格を取得しただけでなく、鍼灸師やあん摩・マッサージ指圧師の国家資格も取得し、都内で独立開業している現場を熟知した講師が直接指導を行います。

 
まずはタイ古式マッサージの概要を座学で学んでいきます



1日目の1時間半くらいを使い、タイ古式マッサージの歴史、センと呼ばれる10本のエネルギーラインの特徴とその効果、タイ古式マッサージの注意点や禁忌事項などを、座学で学んでいきます。

イタライン、ピンガラ、スマナ、カタラリ、サハサランシイ、タラリィ、チャンタプサン、ルチャン、スクマン、シキニーといったエネルギーラインは聞き慣れない言葉ではありますが、これらの流れに沿って施術するのがタイ古式マッサージになりますので、ここでしっかりと理解を深めます。
他にも、頭部の縫合部分は弱めにマッサージしたり、わきの下は補助動脈や網状組織があるのでマッサージしないなどの注意事項も丁寧に確認していきます。

2日間で一気に多くの事を学ぶため、集中して取り組む必要はありますが、少人数で、クラスの進行は和やかでリラックスした雰囲気の中進められるので気軽に質問も出来る環境です。

 
注意深く講師の話を聞き、テキストが真っ黒になるまでポイントを書き込んでいきます。



ここからは、ひたすら実技の時間になります。
先ずは、講師がアシスタントに対して、タイ古式マッサージのフローを見本で披露します。
細かく注意点を確認しながら披露していくので、生徒さんはテキストに沢山の書き込みをしているようです。

タイ古式マッサージ短期集中コースでは、沢山のノウハウを2日間で詰め込んでいくため、オンラインでの事前学習をおすすめしています。
資格のマナビバ」で、施術動画のすべてをコース申込者限定で公開しているので、自宅で動画を見て、予習や復習ができる体制を整えているのです。
そのため今回の参加者も既に動画を見ての講座受講となりましたが、講師のさらなる注意点をテキストに漏れなく書き込んでいました。

 
なんと100種類以上ものタイ古式マッサージテクニックを習得できます!



タイ古式マッサージのポーズを、ペアに別れて、1つずつ解説しながら実際に施術を行っていきます!仰向け、横向き、うつ伏せ、座位など、様々な姿勢に対する施術があります。

そして、タイ古式マッサージは、1回60分〜120分の施術が標準のため、長時間の施術になります。自分自身が疲れないように、できる限り少ないエネルギーで施術するための身体の使い方も大切です。
はじめて他人の身体を施術した方にとっては、施術時の姿勢など、慣れないことに戸惑いながらも、少しずつ技術を深めている様子でした。

どの施術をしても、とにかく「気持ちいい!」の声が上がります。
「世界一気持ちいいマッサージ」といわれるのがうなずけますね。

 
90分のタイ古式マッサージサービスを提供できるようになるのがゴールです



タイ古式マッサージ短期集中コースでは、ほぼ丸2日間をこの実技に当てています。
短期間ながらも、長い時間を実技に当てるので、終了後には90分〜120分程度のタイ古式マッサージサービスを提供できるスキルが身につきます!

既にセラピスト・パーソナルトレーナーとして活躍中の方で、提供できるサービスを増やしたい方はもちろんの事、タイ古式マッサージを目指している方、家族のケアのためになど、どなたでもご参加頂ける内容となっています。

ぜひ、ご参加お待ちしております!

今回レポートしたスクールはこちら
IBMA認定タイ古式マッサージセラピストベーシックトレーナー資格短期集中コース

[参考ブログ記事]
ボディワーカーたる者、ピラティス、ストレッチ、トレーニングなどの引き出しを数多く持つべし!
ヨガインストラクターにこそ、ストレッチ資格はおすすめ!
ストレッチとマッサージの違い。ストレッチがブームで終わらない理由
  • facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者
カラダメンテ養成スクール

監修者

カラダメンテ養成スクール

東京でボディーワークの資格取得を目指す「カラダメンテ養成スクール」
IBMA認定資格、加圧国際大学認定資格など、ボディワークに関する権威のある資格取得を目指すスクールです。

①ヨガインストラクター資格
②ピラティスインストラクター資格
③パーソナルストレッチトレーナー資格
④タイ古式マッサージセラピスト資格
⑤加圧トレーニングインストラクター資格

5つの資格コースと数々のワークショップを開催しています。

http://school.karadamainte.com/

この記事の著者
カラダメンテ養成スクール

監修者

カラダメンテ養成スクール

東京でボディーワークの資格取得を目指す「カラダメンテ養成スクール」
IBMA認定資格、加圧国際大学認定資格など、ボディワークに関する権威のある資格取得を目指すスクールです。

①ヨガインストラクター資格
②ピラティスインストラクター資格
③パーソナルストレッチトレーナー資格
④タイ古式マッサージセラピスト資格
⑤加圧トレーニングインストラクター資格

5つの資格コースと数々のワークショップを開催しています。

http://school.karadamainte.com/