資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

ラクダのポーズ(ウシュトラアーサナ)

ラクダのポーズ

2019年11月10日更新

ラクダのポーズ(ウシュトラアーサナ)とは

ラクダのポーズ(ウシュトラアーサナ)とは、両膝をついて行う、代表的な後屈のポーズです。
胸を天井に突き出すように高く後屈する姿が、ラクダのコブのように見えることに由来していると言われています。
胸を大きく開き、姿勢改善などの効果が主に期待できるポーズです。

サンスクリット語

ウシュトラアーサナ

英語

Camel Pose

ラクダのポーズ(ウシュトラアーサナ)の効果

胸を開く
身体の前側のストレッチ
背筋の強化

ラクダのポーズ(ウシュトラアーサナ)のやり方

① 足幅は肩幅に開いて、ひざ立ちの状態で両手を腰に当てます。
膝立ちの状態

 

② 身体を後ろに倒し、外旋させて腕で踵をつかみます。
膝立ちでかかとを手で掴んだ状態

 

③ 胸を天井方向に高く突き上げるようにして呼吸を深めます。
腰に不安がある方は手は腰に添えたままか、練習を控えましょう。
ラクダのポーズ

 

動画

[参考ブログ記事]
【動画あり】らくだのポーズ(ウシュトラアーサナ)の効果とやり方。姿勢や腰痛を改善しよう!

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る