資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

ヘッドスタンド(シルシャーサナ)

ヘッドスタンドのポーズ

2019年11月10日更新

ヘッドスタンド(シルシャーサナ)とは

ヘッドスタンド(シルシャーサナ)とは、「アーサナの王様」とも言われるヨガの代表的なポーズの一つです。
シヴァナンダヨガでは、最初のポーズでヘッドスタンド(シルシャーサナ)を行うほど重要なポーズです。
集中力のアップや全身の強化など様々な効果が期待できると言われています。

サンスクリット語

シルシャーサナ

英語

Head Stand

ヘッドスタンド(シルシャーサナ)の効果

脳と全身の活性化
集中力のアップ
バランス感覚のアップ

ヘッドスタンド(シルシャーサナ)のやり方

① 四つ這いの状態から肩の下に肘をつき、両手の指を組みます。
肘をついた四つ這い

 

② 組んだ両手の手前に、頭頂部を置いて、息を吸いながら両ひざを床から持ち上げ、両足を肘の近くへ歩かせていきます。
つま先をついた上半身逆転の状態

 

③ お腹に力を入れて息を吐きながら、両足を床から離して持ち上げていきましょう。
両足を天井方向にあげていく

 

④ 床に対して直角になるところまで持ち上げたら、尾骨を恥骨の方へ引き入れて一直線にバランスを取ります。
ヘッドスタンドのポーズ

 

動画

 

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る