資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

ペルビック・ブリッジ

ペルビック・ブリッジのやり方

2019年11月10日更新

ペルビック・ブリッジとは

ペルビック・ブリッジとは、膝を立てた仰向けの状態から、骨盤を丸めるようにお尻を持ち上げたポーズです。
大臀筋の強化や腰痛予防などの効果が主に期待できます。

ペルビック・ブリッジの効果

大臀筋の強化
腰痛予防
疲労軽減

ペルビック・ブリッジのやり方

① 仰向けになり、ピラティスの基本姿勢をとっていきます。

ピラティスニュートラルポジション

 

② 息を吸って準備をし、吐きながら骨盤をインプリントから大きく丸めこむようにゆっくりと持ち上げていきます。
 胸からひざまでが一直線になる所で動きを止めます。

ペルビックブリッジ

 

③ ここで息を吸って、吐きながら背骨の上からゆっくりと背骨1つ1つ順番に床に戻していきましょう。何度か繰り返していきます。

ピラティスニュートラルポジション

 

ポイント

ひざ同士の間が離れないように行います。
身体を持ち上げた時はひざを遠くに伸ばし、大腿のつけ根を伸ばすようにしましょう。
背骨1つ1つを意識して、丁寧に行います。

平均回数

各5〜10回

動画

 

[短期でピラティス資格を取得する!]
IBMA認定ピラティスインストラクター資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る