資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

テーブルトップポジション

ピラティスのテーブルトップ

2019年11月27日更新

テーブルトップポジションとは

テーブルトップポジションとは、仰向けの状態から膝を曲げて大腿とすねを90度にし、膝が股関節の上にくるようにしたポーズです。
体幹を安定させるピラティスの基本の姿勢の一つです。

テーブルトップポジションの効果

コアの起動と安定
安全に行う基本姿勢を学ぶ
背骨のS字カーブをなくしたポジションで、適度な負荷をかける

テーブルトップポジションのやり方

① 仰向けになり、ピラティスの基本姿勢をとります。
ニュートラルポジション

② 息を吸って吐きながら、右ひざは曲げたまま床から持ち上げ、大腿とすねを90度にします。
股関節の真上にひざがくるように置きます。
ニュートラル姿勢から右足をテーブルトップ

 

③ 左脚も同様に、息を吸って吐きながら床から持ち上げ大腿とすねを90度。
ピラティスのテーブルトップ両脚の内側は揃えるか、拳一つ分程開けておきます。
この姿勢で胸式呼吸をとります。
ニュートラルの姿勢のままキープ出来る方はニュートラル姿勢で呼吸を続け、腰に違和感や痛みのある方はインプリントの状態で行っていきましょう。

ポイント

腰が反らないようにし、ひざの角度を変えずに行います。
呼吸を止めずに行いましょう。

平均回数

姿勢はキープしたまま10呼吸

動画

 

[短期でピラティス資格を取得する!]
IBMA認定ピラティスインストラクター資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る