資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

アームオープン

アームオープンのやり方

2019年11月10日更新

アームオープンとは

アームオープンとは、膝を立てた仰向けの状態から両腕を天井方向に上げ、頭上床まで腕を降ろして外側から体側に戻してくるポーズです。
肩甲骨の安定などの効果が主に期待できます。

アームオープンの効果

肩甲骨の安定
コアの働きを向上させる
正確な腕のコントロールを身につける

アームオープンのやり方

① 仰向けになり、ピラティスの基本姿勢をとります。
ピラティスニュートラルポジション

 

② 肩甲骨は床につけたまま、両腕は肩幅に開き天井方向です。手の平は内側に向けましょう。
両腕を天井方向にあげた姿勢

 

③ 息を吸いながら両腕を頭の上に挙げて、耳の横に二の腕、動きを止めます。
ピラティスのアームオープン

 

④ 息を吐きながら、両腕を開き手の平は天井、体の横に降ろしていき、最初の位置に戻します。呼吸に合わせて繰り返し行っていきましょう。
ピラティスニュートラルポジション

 

ポイント

腹部は緩めず、上体が動き過ぎないように行います。
肩の力は入りすぎないように注意しましょう。

平均回数

各5〜10回

動画

 

[短期でピラティス資格を取得する!]
IBMA認定ピラティスインストラクター資格スクール

[無料ピラティス・ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る