資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

片足で立つポーズ(ウッティタハスタパダアングシュターサナ)

足の親指を掴んで立ったポーズ

2019年11月17日更新

片足で立つポーズ(ウッティタハスタパダアングシュターサナ)とは

片足で立つポーズ(ウッティタハスタパダアングシュターサナ)とは、立位で片足を片手で持ってバランスをとる、上級者向けのポーズです。
「足の親指を掴んで立つポーズ」とも言われます。

股関節の柔軟性のアップやバランス感覚アップなどの効果が期待できるポーズです。

サンスクリット語

ウッティタハスタパダアングシュタアーサナ

英語

Extended Side Angle Pose

片足で立つポーズ(ウッティタハスタパダアングシュターサナ)の効果

バランス感覚のアップ
下半身強化
股関節と足裏の柔軟性アップ

片足で立つポーズ(ウッティタハスタパダアングシュターサナ)のやり方

① 両足をそろえて床の上に立ち、左手を腰に当てて、右足の親指を右手の指3本で内側からつかんでバランスをとります。
片足の親指を掴んで立った状態

 

② 右足と背筋がきちんと伸びた状態をとれたら、息を吸いながら、右足を前へ押し出し膝を伸ばしていていきます。
掴んだ足を前に伸ばす

 

③ 息を吐きながら足を右側へ開きます。
足を高く上げるよりも、腰と左足がのびていることを意識しましょう。
掴んだ足を外側に開いた状態

 

④ 可能であれば顔を左側に向けます。
下半身は強く保ち、骨盤と胸は正面へ向けて置くように意識しましょう。
足の親指を掴んで立ったポーズ

 

動画

[参考ブログ記事]
【動画あり】足の親指を掴んで伸ばすポーズ(ウティタハスタパダングシュターサナ)の効果とやり方

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る