資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)

ヨガの前屈をする女性

2019年11月18日更新

深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)とは

深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)とは、立位で身体を骨盤から二つに折り曲げるように前屈するポーズです。
下半身や腰、お尻の柔軟性が必要なヨガの基本のポーズです。
柔軟性アップの他にもリラックス効果なども期待できると言われています。

サンスクリット語

ウッターナーサナ

英語

Deep Forward Bend

深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)の効果

背部のストレッチ
疲労や不安の軽減

深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)のやり方

① 両足をそろえて床の上に立ち吸う息で両腕をあげたポーズになります。
両腕を挙げた状態

 

② 息を吐きながら、両手遠くを通しながら、股関節から上体を前に倒していきます。
この時、背筋は伸ばしたまま、腹部は引き締めたままにしましょう。
同時に手の平は足の両脇につき、額をできるだけすねに近づけ、視線は鼻先に向けていきます。
深い前屈
この時に両手が床につかない場合や、辛い場合は、膝を曲げて膝裏をゆるめて構いません。
余裕のある方は、坐骨と踵を引っぱり合うように膝裏を伸ばしていきます。
首に力が入りやすいので注意しましょう。

 

動画

 

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る