資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

捻って体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)

捻って体側を伸ばすポーズ

2019年11月18日更新

捻って体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)とは

捻って体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)とは、ハイランジの足の状態で片手を床につき、身体を捻って体側を伸ばすポーズです。
下半身の強化や、体側を伸ばしてツイストすることにより腹部をマッサージし、内臓機能の活性化の効果が期待できます。

サンスクリット語

パリブリッタパールシュバコナーサナ

英語

Extended Side Angle Pose

捻って体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)の効果

下半身の強化
鼠径部と背部と胸肩まわりのストレッチ
内臓機能の活性化
バランス感覚の向上

捻って体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)のやり方

① 四つ這いの状態から始めます。
四つ這いの状態

 

② 左足を両手の間に踏み込み、右の膝を浮かせてかかとで後ろを押すようにします。
ローランジのポーズ

 

③ 息を吸いながら背骨を伸ばして、吐く息で下腹部から上体を左へねじります。
左の手は天井方向に挙げましょう。
身体を左に捻った状態

 

④ 息を吸って背骨を伸ばして、吐きながら、さらに下腹部から左へねじり続けて左手を頭上の方に傾け体側を伸ばします。
視線は斜め上へ向けていきます。
捻って体側を伸ばすポーズ
踵は後ろへ押し出すように意識をしましょう。
辛ければ、膝は床に置いたままでも構いません。

 

動画

 

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る