資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

捻った椅子のポーズ(パリブリッタウトゥカターサナ)

捻った椅子のポーズ

2019年11月15日更新

捻った椅子のポーズ(パリブリッタウトゥカターサナ)とは

捻った椅子のポーズ(パリブリッタウトゥカターサナ)とは、「捻った椅子のポーズ」とも呼ばれ、椅子のポーズで上半身を左右に捻ったポーズです。
下半身の強化や腹部のマッサージなどの効果が期待できると言われています。

サンスクリット語

パリブリッタウトゥカターサナ

英語

Twist Chair Pose

捻った椅子のポーズ(パリブリッタウトゥカターサナ)の効果

下半身の強化
全身の活性化
腹部のマッサージ
バランス感覚のアップ

捻った椅子のポーズ(パリブリッタウトゥカターサナ)のやり方

① 両足をそろえて立ちます。
山のポーズで立った姿勢

 

② 息を吐きながら、椅子に座るような感覚で、両膝を曲げていき、お尻を斜め下にむかって下げ、踵に重心をのせます。
この時に、膝がつま先よりも前に出ないように、また膝が外側に向いてしまわないように注意しましょう。
椅子のポーズ

 

③ 吐く息がきたら両手を胸の前で合わせ、身体を左側にツイストし、左の肘を右膝の外側にかけて押し合うようにしてツイストを深めます。
捻った椅子のポーズ
腰は反らないようにし、右の膝が前に出ないように右のお尻は後ろに引きましょう。
数呼吸キープをしたら元の状態に戻り、反対側も行います。

 

動画

 

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る