資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

半分の前屈(アルダウッターナーサナ)のポーズ

半分の前屈のポーズ

2019年11月18日更新

半分の前屈(アルダウッターナーサナ)のポーズとは

半分の前屈(アルダウッターナーサナ)のポーズとは、骨盤から半分だけ前屈するように胸と背中を前に伸ばしたポーズです。
肩に力が入らないように首を長くして行います。

太陽礼拝でも行う、ヨガの基本のポーズの一つです。

サンスクリット語

アルダウッターナーサナ

英語

Standing Half Forward Bend

半分の前屈(アルダウッターナーサナ)のポーズの効果

背部の強化
姿勢の改善
腹部の活性化

半分の前屈(アルダウッターナーサナ)のポーズのやり方

① 両足をそろえて床の上に立ちます。山のポーズになり、吸う息で両腕をあげたポーズ、吐く息で深い前屈のポーズまでを取ります。
深い前屈

 

② 息を吸いながら、指先を床につけたまま上体を半分持ち上げます。
膝の裏と背筋をしっかりと伸ばし、胸を開き、視線は、眉間へ向けていきます。
半分の前屈のポーズ
この時に指先が床から離れてしまう場合や、辛い場合は、手のひらを脚のすねや、膝に添えましょう。
腹部は引き締めたまま、胸が丸まらないように注意しましょう。

 

動画

 

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る