資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

三角のポーズ(トリコナーサナ)

三角のポーズ

2019年11月18日更新

三角のポーズ(トリコナーサナ)とは

三角のポーズ(トリコナーサナ)とは、「トライアングルポーズ」とも呼ばれるヨガの基本のポーズの一つです。
足を大きく開いて片手を天井方向に伸ばしたポーズの形が三角形に見えることに由来しています。
体側を伸ばし、体幹の強化などの効果が主に得られると言われています。

サンスクリット語

トリコナーサナ

英語

Triangle Pose

三角のポーズ(トリコナーサナ)の効果

体側を伸ばす
消化、腎臓機能の促進
足首、腿、体幹の強化

三角のポーズ(トリコナーサナ)のやり方

① 両足を大きく足一本分ほど開き、右つま先を真横に向け、左つま先を斜め45度内側へ向けます。
足幅を開いて立った状態

 

② 吸息で両腕を肩の高さに持ち上げ、吐息で右脚の真上へ、股関節から上体を曲げていきます。
上体を横に倒す時は、腰から折り曲げないように注意しましょう。
左右の脇の長さを均等にしたまま、右手を右足に軽く添えていきます。
片手を床についた状態

 

③左手は、肩の延長線上に伸ばしましょう。
視線は左手の指先へ向けていきます。
三角のポーズ
呼吸キープしたら、吸息で強く足裏で床を押して、上体を起こし反対側も行います。

 

動画

 

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る