資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

ねじった三角のポーズ(パリブリッタトリコナーサナ)

捻った三角のポーズ

2019年11月17日更新

ねじった三角のポーズ(パリブリッタトリコナーサナ)とは

ねじった三角のポーズ(パリブリッタトリコナーサナ)とは、立位の三角のポーズで上半身をねじったポーズです。

お尻や下半身の柔軟性が必要な上級者向けのポーズです。
腹部のマッサージによる消化促進などの効果が主に期待できます。

サンスクリット語

パリブリッタトリコナーサナ

英語

Revolved Triangle Pose

ねじった三角のポーズ(パリブリッタトリコナーサナ)の効果

消化機能促進
便秘解消
腰痛改善
骨盤調整
もも裏、お尻のストレッチ
自律神経を整える

ねじった三角のポーズ(パリブリッタトリコナーサナ)のやり方

① タダーサナで立ち、右足を1メートル程度後ろに引きます。
右のつま先は30度〜45度程度外側に向け、左足のつま先は正面に向けておきます。
片足を後ろに引いて立った状態

 

② 吸う息で背骨を伸ばし、吐く息で長い背骨を保ったまま、骨盤から前傾させます。
背骨と地面が平行になるところまで身体を倒しましょう。
片足を後ろに引いて前屈し、両手をついた状態

 

③ 右の手を右肩の下におろし、吐く息でゆっくりと骨盤から上体を左側にツイストします。
左の手は腰から解放し、鎖骨の延長線上の天井方向に伸ばします。
捻った三角のポーズ
可能であれば、目線は左手の先を見ますが、首に違和感を感じる場合は下や左横を向いても構いません。

 

動画

[参考ブログ記事]
【動画あり】パリブリッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)の効果とやり方。ツイストポーズのコツを極めよう!

[国際資格RYT200を取得してインストラクターを目指す!]
IBMA認定ヨガインストラクター資格スクール

[無料ヨガ体験レッスン実施中!]
恵比寿・自由が丘・新宿・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ポーズ一覧

ページトップに戻る