資格のマナビバ

動画で学び、資格が取れる、
美容・健康業界で先生になるためのスクール

メニュー
  • ヨガ
  • ピラティス
  • 独立開業・ビジネス
  • トレーナー・インストラクター
  • 資格・スクール

ヨガ・ピラティスインストラクターの収入(給料)・報酬

ヨガ・ピラティスインストラクターの収入(給料)・報酬

 

ヨガ・ピラティス資格を取得後の活動は、3つに大別される


ヨガ・ピラティスインストラクター(以下、ヨガに統一)の資格を取得して、就職したらどれくらい年収・給料もらえるようになるのか、フリーヨガインストラクターとして、自由に、生活していくのは難しいのかどうか、ヨガのレッスン報酬はいくらもらえるのか、現実問題として、気になる話題ですよね。

ヨガ資格を取得した後の道には、大きく分けてこの3つの道があります。
①ヨガスタジオで正社員として働く
②フリーランスでヨガスタジオ・フィットネスクラブを掛け持つ
③ヨガスタジオを独立開業する
 

ヨガインストラクターの収入・報酬とメリット・デメリットについて


①〜③におけるヨガインストラクターの収入・報酬についてお伝えさせていただきます。

①(ヨガスタジオで正社員として働く)の場合、
東京都内の大手ヨガスタジオの正社員の初任給は、17〜19万円です。
その他、インセンティブや諸手当がついたりもしますが、数年経験を積んだベテランヨガインストラクターで月収30万円くらいまで増やすことが目安となっているようです。
ヨガインストラクターとして正社員になっても、1日中レッスンをすることは体力的に難しいので、ヨガレッスンだけではなく、フロントや店舗マネジメントを兼務する場合が殆どです。
朝7:00-夜23:00くらいの間で、早番・遅番をシフト制で交代しながら、実働8時間(+残業)という勤務になります。
ヨガスタジオは土日祝日も営業していることが殆どですので、平日休みも含め、週休2日です。(土日に休みたい人は多いので、シフトは全員で調整され、土日両方休めることは稀でしょう。)

[メリット]
収入が安定している
福利厚生を利用できる
体力的にバランスがとれた業務内容
常時お客様と顔を合わせるので信頼関係が築きやすい
[デメリット]
時間的な都合がつきにくい
インセンティブが少ない
対外的な学びが少なくなる

②(フリーランスでヨガスタジオ・フィットネスクラブを掛け持つ)の場合、
契約形態は、業務委託契約になります。
業務委託契約の場合、正社員ではないので、給与所得ではなく事業所得となり、個人事業として登録することになります。
レギュラーレッスン(毎週月曜日の19:00-の枠を担当する、等)の報酬は、1レッスン(60分〜90分)で3000円〜5000円が相場です。
まだ経験が浅いうちは1,000円〜2,000円程度、人気ヨガインストラクターほど報酬は高くなる傾向にあり、ヨガイベント出演などの場合は1万円を超えることもあるようです。
契約によって交通費が別途支給される場合もあります。
週6で1日、4〜5本も担当するヨガインストラクターもいますが、体力や、複数のヨガスタジオの移動時間も考慮すると、大半は1日、2〜4本程度になるでしょう。
本業はOLで、夜と土日だけヨガインストラクターとして活動される方や、子育ての合間に数時間だけ働くなど、ライフスタイルに合わせた働き方ができるのが最大のメリットだと言えます。
また、理学療法士や整体師など、ヨガ以外の専門知識がある方の場合は、ヨガインストラクター向けのワークショップなども担当したりできるので報酬は高くなる傾向にあります。またはマタニティヨガやベビーヨガなど、専門知識を必要とし、さらにニッチなヨガの場合、ヨガスタジオからは重宝されるでしょう。
たくさんの生徒から慕われ、集客ができるヨガインストラクターは、運営元のヨガスタジオに利益をもたらすことになるので、報酬は高くなるはずです。
コミュニティセンターなどでヨガ教室を歩合制で開催する場合もあります。
その場合、お客さん1名集客あたり500円といったように完全歩合制になっていることが多いです。

風邪を引いて休めば(通常代行レッスンを他の方に依頼します。)収入はなくなりますし、自分のペースで働けるけれど、収入はあまり安定しません。
既婚者やお子様がいる方は空いている時間に好きな仕事が出来るので、フリーランスの方が働きやすいかもしれません。

[メリット]
自分のペースで働ける
活動の場が広がるので、人脈が広がりやすい
完全報酬制で働いた分だけ稼げる
[デメリット]
収入が安定しない
移動時間が多い
体力が必要

③(ヨガスタジオを独立開業する)の場合、
経営が軌道に乗れば収入は青天井ですが、軌道に乗らなければ報酬は得られないこともあり得ます。
スタッフを雇えば、給与を継続的に支払う義務と責任が生まれますので、それなりの覚悟は必要だと言えます。
ただし、イメージ通りの空間が作れたり、サービスの方針なども意思決定できますので、
”やりがい”という意味では魅力のある立場だと言えます。
仕事とプライベートの境目がないようなものなので、常にヨガスタジオのことを考えていても飽きない方が向いているかもしれません。

[メリット]
収入は青天井
自ら空間・サービス設計ができる
ブランド力がつく
[デメリット]
福利厚生などは一切ない
リスクが伴う
ヨガ以外の業務が増える

 

ヨガインストラクターには目に見えない報酬もある


ヨガインストラクターとひとくくりに言っても活動の幅は沢山ありますし、”収入”という報酬だけでなく、”やりがい”という目に見えない報酬もあります。
ヨガインストラクターの方は、直接お客様から「ありがとう」と感謝される、やりがいのある仕事ですので、収入とのバランスを考え、将来を見据えて、ヨガインストラクター資格スクールへ通ってみてはいかがでしょうか。

[ヨガ・ピラティス資格スクール資料請求]
ヨガインストラクター資格スクール
ピラティスインストラクター資格スクール

[ヨガ・ピラティスレッスン0円体験実施中!]
恵比寿・自由が丘・五反田駅近の女性専用ヨガ・ピラティススタジオ「ヨガステ」

[参考ブログ記事]
ヨガインストラクターやパーソナルトレーナーにとって資格は本当に必要なのか?
ヨガインストラクターにこそ、ストレッチ資格はおすすめ!
ストレッチトレーナーの年収・報酬
パーソナルトレーナーの年収・報酬

  • facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者
山川和風

監修者

山川和風

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Twitter]@kazukazeymkw
[Instagram]@kazukaze

この記事の著者
山川和風

監修者

山川和風

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Twitter]@kazukazeymkw
[Instagram]@kazukaze