資格のマナビバ

動画で学び、資格が取れる、
美容・健康業界で先生になるためのスクール

メニュー
  • トレーニング
  • 肩こり・腰痛

腰痛予防のための体幹トレーニングとしておすすめの腹筋運動

腰痛予防のための体幹トレーニングとしておすすめの腹筋運動
 
体幹トレーニングは腰痛予防効果が期待できる

近年、体幹トレーニングが大流行しています。

パーソナルトレーナーなどのボディワーカーも体幹トレーニングを実践し、指導している方も多いのではないかと思います。
それと同時に、アスリートに限らず腰痛を抱えている方々はとても多く、日本の人口の80%は何らかの形で腰痛を経験したことがある、または経験すると言われています。
では、エビデンスに基づいた、腰痛予防の為の体幹トレーニングとはどんなものでしょうか?

 
健康作りのための腹筋運動が、逆に腰痛の原因になってしまう!?

腰痛研究の権威でもあるスチュワート・マクギル博士のデータによると、アメリカの労働組合(U.S.national institutefor Occupational Safety & Health)で定められている腰椎に対する過剰な外部からのストレスは約3350N (ニュートン)という数字で設定されていて、例えば重い物を持ち上げる時に腰椎に3350N以上のストレスが加わると腰痛を引き起こす可能性が高いということを発表しています。

意外な事に、仰向けになって膝を立てて行う腹筋運動は、腰椎に加わる屈曲方向へのストレスが3400Nを超えてしまうそうです。
これでは健康作りの為に行っているはずの腹筋運動が、逆に腰痛の原因になってしまうという結果にもなりかねません。
これとは逆に、仰向けで膝を伸ばして行う腹筋運動のほうが膝を曲げる腹筋運動に比べて腰椎へのストレスが軽減されるというデータがあります。

一体なぜでしょうか?

これは、膝を立てる事によって骨盤の後傾が誘導される、つまり腰椎への屈曲ストレスが増えるので、膝を伸ばした状態で行う腹筋運動のほうが腰椎屈曲のストレスを減らせるということが考えられるのです。ただし、これはあくまで腰椎の「屈曲に対する」ストレスですので、元々腰の反りやすい腰椎の「伸展タイプ」の方が膝を伸ばして腹筋運動をすると腰部痛を引き起こす原因にもなりますので注意が必要です。

[参考ブログ記事]
腰痛に腹筋運動。そのアプローチ、ホントに正しいの?
筋トレで腰痛にならないためにパーソナルトレーナーが知っておくべきこと

 
回旋系のマシンは、より腰痛を引き起こす可能性がある!

次に、腰椎へのストレスは屈曲よりも回旋のほうが高いということがマクギル博士のデータで証明されています。
リサーチによると回旋方向へのストレスは5000Nを超えるそうです。

これを考えると、ツイストシットアップやフィットネスジムで見かける回旋系の腹部のマシーンは、腰椎のストレスという観点でみると望ましいとは言えません。

また、腹筋運動する際の腹部の「形」ですが、「ドローイン」などのいわゆる腹部を凹ませるような腹筋の収縮は、腹部を膨らませて行う動きに比べ、腰部のスタビリティ指数(安定性)が低下することが研究で証明されていて、特に回旋の動作を組み合わせた時に顕著であると報告されています。

そのため、腹筋運動の際も出来るだけ”お腹を凹ませない”ほうが、体幹機能を高める効果が期待できるのです。

 
体幹トレーニングのポイントと腰痛予防に推奨されるトレーニング方法

腰痛予防の為の体幹トレーニングのポイントは
① 腰椎の屈曲を避ける
② 回旋をさける
③ お腹を膨らませる(凹ませない)

これを踏まえた上で推奨される体幹トレーニングは
① クランチ(仰向け)
② ダイアゴナル(四つ這い)
③ サイドプランク(側臥位)
の3つです。

クランチは、仰向けで膝を伸ばした肢位で行います。(もしくは片膝のみ曲げる)
片手を頭の後ろに置いて強く押しすぎず、逆の手を腰部の下に置きます。腰部の下に置いた手で、クランチ中に腰が浮かないか、しっかり背中の圧が腰部にかかっているかを動作中モニターしてください。
腰椎ではなく胸椎だけで屈曲を繰り返すように動かしましょう。

ダイアゴナルは、四つ這いになり、上記3つの注意点を守りながら、片手を上げたり対角線状の四肢を挙げてキープするなど、アイデア次第で様々なバリエーションが使えます。腰椎の屈曲、伸展、回旋を避けて四肢をコントロールする為、難易度も上がります。

サイドプランクの場合、横から見て身体が一直線になっていることを確認してください。一直線を意識し過ぎると逆に骨盤が前傾、つまり腰椎に伸展のストレスがかかることもあるので注意しましょう。他のトレーニング同様、お腹を凹ませないように行ってください。

 
まとめ

・日本の人口の80%は腰痛を経験している
・膝を立てて行う腹筋運動よりも膝を伸ばして行う腹筋運動のほうが腰椎への負担は少ない
・回旋系のマシンは、より腰痛を引き起こす可能性がある
・腰痛予防の腹筋では、ドローインは行わないほうが良い(お腹を凹ませない)
・腰痛予防のための腹筋運動に推奨されるトレーニングは、①クランチ ②ダイアゴナル ③サイドプランク


この他にも沢山のバリエーションがありますが、腰痛を予防するためにしっかりとした知識、エビデンスを元にトレーニングプランを組み立てていきましょう。

以上の3つのトレーニングのボリュームは回数で設定しても秒数で設定しても構いません。
もちろんこの他にも沢山のバリエーションはありますが、基本的な腰痛予防のための体幹トレーニングとして是非参考にしてみて下さい。

[参考ブログ記事]
慢性腰痛の原因
腰痛予防のために考慮するべき動きとは?
腰痛を改善するためにするべきたった2つのこと
  • facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者
IBMA(国際ボディメンテナンス協会)

監修者

IBMA(国際ボディメンテナンス協会)

[公式HP]http://ibma.asia/

ボディメンテナンスに関する様々な資格の認定事業を行い、確かな知識と技術を持った専門家を育成。
今後はアジア各国を中心とした啓蒙活動も視野に入れ、国際的な格調ある資格団体を目指している。
様々なボディメンテナンスの現場に携わる専門家を育成し、相互研鑽を通じて専門性を高め、世界にセルフメンテナンスの普及を図り、社会貢献していくことを目的としている。

[主な認定資格]
・IBMA認定ヨガインストラクター資格
・IBMA認定ピラティスインストラクター資格
・IBMA認定パーソナルストレッチトレーナー資格
・IBMA認定タイ古式マッサージセラピスト資格

この記事の著者
IBMA(国際ボディメンテナンス協会)

監修者

IBMA(国際ボディメンテナンス協会)

[公式HP]http://ibma.asia/

ボディメンテナンスに関する様々な資格の認定事業を行い、確かな知識と技術を持った専門家を育成。
今後はアジア各国を中心とした啓蒙活動も視野に入れ、国際的な格調ある資格団体を目指している。
様々なボディメンテナンスの現場に携わる専門家を育成し、相互研鑽を通じて専門性を高め、世界にセルフメンテナンスの普及を図り、社会貢献していくことを目的としている。

[主な認定資格]
・IBMA認定ヨガインストラクター資格
・IBMA認定ピラティスインストラクター資格
・IBMA認定パーソナルストレッチトレーナー資格
・IBMA認定タイ古式マッサージセラピスト資格