資格のマナビバ

トレーナー・インストラクター
資格取得のための学べる動画メディア

メニュー
閉じる

体型カバーができるヨガウェア。ゆったりサイズをおしゃれに着こなそう!

ゆったりサイズのヨガウェアで迷走する女性

2019年12月08日更新

この記事のポイント

・ゆったりサイズのウェアは、体型カバーやリラックス系のヨガにおすすめ
・足首やウエストライン、胸元の開きやアクセントのあるデザインなどが、ゆったりしたサイズのウェア選びのポイント
・トップスはブランドにこだわらずに大きめや裾の長めのものも安くて使いやすい
・オールインワンは、全身のスタイルをカバーできるがサイズ調整が難しいため、胸元がワッフルタイプのものなどが効率的
・レッスン内容や体型に合わせて無理なく心身がリラックスできるヨガ選びが大切

体型がカバーできるヨガウェアとは?

ダイエットやボディメイクのためにヨガを始めたばかりの方は、レギンスやブラトップでは身体のラインが強調されすぎるため、ウェアで悩むことも多いのではないでしょうか?

特に海外ブランドなど、おしゃれで人気のブランドのヨガウェアは、フィット感の強いものが多いのも特徴です。

せっかくヨガを始めるなら、デザイン性だけでなく、動きやすく無理なく長く続けられるようなウェアを選びましょう。

体型が気になるという方は、「体型をカバーしてくれるウェア」がおすすめです。

 

「体型をカバーしてくれるウェア」は、ただ大きめのサイズというだけではありません。

「引き締めが強すぎず、リラックスできる」
「ゆったり感があるがアクセントが付いておりスタイルアップ効果もある」

など様々なタイプのウェアもあり、好みや用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ゆったりサイズのウェアがおすすめのクラス

ヨガウェアは、受けるクラスや流派などによって使い分けてみるのもおすすめです。

陰ヨガやアロマを使ったリラックスクラスなどは、ゆったりとしたサイズやデザインのウェアがおすすめです。
身体を圧迫することなく、心身ともに解放されやすくなるためです。

アクティブに動くフロー系のヨガや、逆転ポーズなどが多く入るアシュタンガヨガなどのクラスでは、身体に密着したウェアが適していると言われています。
裾などがめくれる心配もなく、ポーズに集中しやすいと言われています。

特にヨガのレギンスは、タイツやトレンカ同様に、圧力が強めのものが多いのが特徴です。
足を細く見せ、さらにヒップアップなどのスタイルアップ効果が期待できるためです。

普段ゆったりとした服装で過ごすことが多い方は、ヨガレギンスは慣れるまで圧迫感や窮屈さを感じてしまう場合もあるでしょう。
心地よく動ける服装で、まずは練習するようにしましょう

 

こんな方にもおすすめ!
・マタニティの方
・産後の方
・体型の気になる方
・中高年の方
・ヨガレギンスなどの密着が気になる方

 

体型をカバーしてくれるウェアの選び方のポイント

【ボトムス】ウエストと足首の絞り

ボトムスは、メリハリのあるスタイルに見せるために、足首は絞りのあるウェア(サルエルパンツスタイル・ジニーパンツスタイル)がおすすめです。
太ももやふくらはぎ部分はゆったりとしており、足の形やヒップラインはカバーされていている一方で、足首の華奢さを強調できます。

おすすめのウェアブランド

・Chacott(チャコット)

バレエ・ダンスウェアの老舗メーカーです。
レギンス以外のボトムスも、足首やウエストに絞りがついている機能性の高いものが多く、脚を上げてもめくれないようなデザインです。
また、レギンスの上にフレアなキュロットが合わされたデザインはおしゃれで中高年の女性にも人気です。

Chacotto公式サイト

・suria(スリア)

スリアは、レギンスの上にテニスコートのようにスカートがついたタイプがおすすめです。
産後はもちろん、お尻や腰回りが気になる女性にも最適です。
薄手のレギンスはパンティラインが気になるという方にも、立位でもヒップまでカバーされるためおすすめです。

suria公式サイト

【トップス】首回りの空きと裾の長さ

トップスは、首回りの空きがあるウェアがおすすめです。
鎖骨部分が見えることで、すっきりとした印象に見せることができます。

また、裾は長めのトップスやチュニックを試してみましょう。
リラックス系で逆転ポーズがない場合は、お尻あたりまでカバーをすることが可能です。
また、裾部分のみレギンスなどのボトムに挟み込んでおくと、お腹の部分にもゆとりが出るためウエスト周りのシェイプも気になりません。
ゆったり系のトップスは、たくさんの老舗ヨガブランドからも販売されていますが、ウェアブランドにこだわらずにユニクロやGU、GAPなどの大きめサイズやパーカーやスポーツウェアを利用することも安くておすすめです。

おすすめのウェアブランド

・easyoga(イージーヨガ)

20代から50代までの幅広い女性に人気のウェアブランドです。
長袖タイプやタンクトップの上に重ねて着れる薄手のウェアが多くあります。

easyoga公式サイト

【オールインワン】

全体的に身体のラインを隠したいという方に最もおすすめのウェアは、オールインタイプです。
「つなぎ」のようなゆったりとしたデザインのため、太ももはもちろん下半身全体から胸までに十分な余裕があります。
足首部分が絞られたタイプや、ウエストにアクセントとして紐が付いているデザインなどは、よりスタイルアップ効果も期待できます。
オールインタイプは胸元のサイズが選べませんが、胸の大きさを選ばないワッフルタイプで伸縮性があるものやチューブトップを選べば、アンダーウェアを気にする必要もありません。

おすすめのウェアブランド

・yoggy sanctuary(ヨギー・サンクチュアリ)

素材もオーガニックコットン100%で作られたものが主流で、リラックスしたいクラスに最適です。
部屋着にも使えるデザインのため、自宅で寝る前にストレッチや瞑想をするという方にもおすすめです。

yoggy sanctuary公式サイト

海外ウェアは大きめサイズも豊富

アクティブなクラスにも参加したいという方で、ゆったりタイプではなく体型に程よくフィットしたヨガウェアを着たいという場合は、海外ブランドの大きめサイズもおすすめです。

レギンスは厚手ですが、ウエストやヒップは比較的大きめに作られているため、圧迫感を回避しながら着脱も楽にできるでしょう。
大きめサイズはオンライン通販の方がデザインやカラーが多いため、一度チェックしてみることをおすすめします。
シーズンの変わり目には大きめサイズはセールとなっていることが多いのもポイントです。

店舗に在庫のない商品もチェックでき、一定金額以上の購入で送料が無料になる場合も多いため、近くに店舗のない方などにもおすすめです。

体型カバーができるウェア選びで楽しくヨガをしよう!

ゆったりしたタイプのヨガウェアは、身体のラインをカバーすることができ、レギンスなどのヨガウェアでは体型が気になるという方におすすめです。
また、身体への圧迫も少ないため、陰ヨガやリラックス系のクラスにも適しています
足首やウエストが絞られたデザインは特に、スタイルアップ効果もあり、また逆転ポーズなどがあるアクティブなクラスでも使うことができます。

ゆったりタイプや大きめサイズのウェアは、デザインも豊富で部屋着としても使えるものも多くあります。

ヨガを心身ともに楽しく続けるために、まずは心地よく、プレッシャーを感じずにおしゃれも楽しめる服装選びをしましょう。

 

[関連ブログ記事]
賢いヨガウェアの選び方。人気&おしゃれだけじゃない!おすすめブランドやアイテムとは?
寒さに負けない!冬のヨガウェアの選び方とおすすめ防寒アイテム
ヨガマットの選び方。おすすめのヨガマットは?

[ヨガウェアブランドアンバサダー講師も在籍!体験0円キャンペーン実施中!]
恵比寿・新宿・自由が丘・五反田駅近の女性専用ヨガスタジオ「ヨガステ」

この記事の著者
資格のマナビバ編集部

資格のマナビバの中の人です。
おすすめのパーソナルトレーニングジムやヨガスタジオなどを紹介しています。


資格のマナビバ編集部の書いた記事を見る

ページトップに戻る