資格のマナビバ

動画で学び、資格が取れる、
美容・健康業界で先生になるためのスクール

メニュー
  • ダイエット

ダイエットに汗は不要です!失われるものの方が大きいですよ!

ダイエットに汗は不要です!失われるものの方が大きいですよ!
 
汗の99%は「水」でできています

ようやく夏らしい気候になり、だいぶ暑くなってきましたね。
寒い冬に比べると、夏の方が汗をかくのでヤセやすいと考える方も多いと思います。

しかし、外的な温度の変化で体脂肪が燃焼するという明確なエビデンスはありません。
脂肪燃焼には筋肉を刺激することが必要ですから、単に汗をかいただけでは脂肪燃焼効果は期待できないのです。

暑い季節だからダイエット効果が高いのではなく、外に出て活動的になりやすいので、結果ダイエットに繋がるというのはあり得るとは思いますが、汗をかくこと自体に、ダイエット効果はないと思ってください。
むしろ集中力を失うことで正しい姿勢やダイナミックな動きを保てなくなり、結果ダイエットにとってもデメリットのが大いにあると思います。

汗で出ているのは、ほぼ水分とミネラルです。(個人差があるが水分99%・ミネラル1%程度)
つまり、サウナのおじさんも、サウナスーツで走るボクサーも、ホットヨガに足繁く通うOLさんも、残念ながら汗をかくそれ自体でダイエット効果はありません。

 
激しい運動による発汗でミネラルウォーターだけは危険!

そして、大量に汗をかくことにはデメリットがあります。
それは「脱水症」のリスクです。

先の通り、大量に汗をかけば、体の水分と共にミネラルが失われます。
汗をかいた分の水を飲まないというのはもってのほかですが、水分補給もただのミネラルウォーターで補給すると、発汗で失われた塩分(ナトリウム)に対して補充量がないので、体液は薄まります。さらに脱水症状を引き起こす可能性もあり得るでしょう。

意識しなくても運動前後の食事で、失った塩分量を満たせてしまう方も多いと思いますが、日常生活でも発汗するこの季節に、炎天下のジョギングやホットヨガを長時間行い、ミネラルウォーターだけで済ませてしまう方は注意が必要です。
さらにダイエットのためにジョギングなどの運動に励む方は、合わせて食事コントロールをしている方も多いと思います。低カロリー食しか食べていない方の場合は、さらに脱水症のリスクは高まります。

 
ダイエットに汗は不要です!

ダイエットにおいて汗を掻くことは、必要ではありません。
もはや、「ダイエットに汗は不要です!」と言わせてください。

例えば筋トレでも、高負荷・ハイピッチでやらない限り、ダラダラ汗をかく方は少ないのですが、十分ヤセることはできますし、ヤセやすい身体も作ることができます。
有酸素運動60分やって発汗で体重が1kg落ちたとして、筋トレ60分やって発汗で体重が200gしか落ちていなかったとしても、適切な水分補給をすれば両方とも同様に元どおりです。
消費カロリー量は筋トレの方が大きいですし、筋肉量も筋トレのが増えやすいので基礎代謝UPを加味すると、汗をかかない筋トレの方がヤセやすいといえるでしょう。

既にお伝えしている通り、汗で出ているのは、ほぼ水分とミネラルですから、ダラダラ汗をかくことにダイエット効果はありません。(頑張った感は得られるので、意味がないとは言いませんが)
現に私はプロボクサーとして何度も減量をしましたので、サウナスーツで無理やり汗をかくことはダイエットには無意味だということを肌で体感しています。

 
まとめ

・汗で出ているのは、脂肪燃焼に関係がない水分とミネラル
・運動時の水分補給においては、1日の食事も加味しながら失われたミネラルの補給をするべき
・ダイエットに汗は不要


発汗による水分・ミネラル量は、個人差が大きく、汗のかき方によっても失われる塩分の濃度は違います。
明確なエビデンスは出ていませんので、◯時間運動した方にはスポーツドリンク・経口補水液が◯ml分が必要、とかは言えないと思いますが、この暑い夏の時期に、「ダイエット食+大量発汗する運動」にミネラルウォーターだけで済ますのは、脱水症の危険性が高まるということは間違いないです。
ダイエットのために、「いっぱい運動して汗をかくぞー!」という方は、「サウナスーツやホットヨガは、ダイエットに効果的なのか?」もぜひご覧くださいね。

[短期集中ダイエット「Mrs.ダイエット」]
女性専用パーソナルトレーニングジム「カラダメンテ」

[参考ブログ記事]
ダイエットを10分でまとめてみた。
ヤセているのに「ヤセたい!」が口グセの女子へ。
あっという間に、正月太りを解消する方法
  • facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者
山川和風

監修者

山川和風

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Twitter]@kazukazeymkw
[Instagram]@kazukaze

この記事の著者
山川和風

監修者

山川和風

フリーパーソナルトレーナー活動を経たのち起業。
カラダメンテ」「カラダメンテ養成スクール」「ヨガステ」「資格のマナビバ」の4ブランドを立ち上げる。
会社経営する傍ら、プロボクサーとして東洋太平洋・日本王者、フィリピン王者とも4度戦った。
”起業”と”プロボクサー”二足わらじの経験から、多様な働き方を推奨し、アスリートのセカンドキャリア支援活動にも力を入れる。
海外や日本全国で資格関連の講師活動や講演、ヘルスケアアプリ開発アドバイザー、書籍・雑誌の監修、TV・インターネットTVなど、メディア出演多数。

[経歴]
株式会社メイド・イン・ジャパン代表取締役
IBMA(国際ボディメンテナンス協会)理事

[保有資格]
・IBMA認定パーソナルストレッチマスタートレーナー
・IBMA認定ピラティスマスターインストラクター
・加圧国際大学認定KAATSUスペシャルインストラクター
・米国ISNF認定サプリメントアドバイザー

[ブログ]ameblo.jp/kazukaze/
[Twitter]@kazukazeymkw
[Instagram]@kazukaze